梅雨入りしてから空梅雨気味でしたが、いよいよ本格的な梅雨が始まったようです。

毎日のように雨が続くと、困ることの一つは洗濯物でしょうか。
室内に干すことになり、乾きが遅く場合によっては部屋干しの臭いが気になります。

ネットで調べると、いくつかのアイデアが紹介されていましたので、取り上げてみました。
もっとも主婦の方々にとっては、当たり前のことばかりかもしれませんが。

まず、臭いの問題ですが、「モラクセラ菌」という雑菌がその原因だそうです。水分により繁殖する性質だそうで、早く乾燥することで増殖を抑えることができるそうです。具体的には5時間以内に乾かすことができれば、部屋干しの臭いを防ぐことができると言われています。

では5時間以内に乾燥させるためにはどうすればいいか、ということですが。
干す場所を選ぶことです。できるだけ空気が動くところがいいとのことです。換気扇などを利用して24時間回しっぱなしにするといいようです。

次に干す時の並べ方や干し方を工夫する、ということです。
3588_4

空気の通り道を考慮して、ある程度間隔をあけてやることです。またズボンなどはひっくり返して、長袖なら上下さかさまにして干すといいそうです。ズボンのポケットは乾きにくいので裏返すといいですね。ズボンだけでなくすべてのものを裏返すと早く乾くそうですよ。裏側には縫い目などで生地が二重になっていますからね。

さらに、扇風機などを使って風を当ててやることです。
173068411

この時のポイントは洗濯物の全体に当てるより、下の方の部分に当てた方が早く乾くんだそうです。水分は洗濯物の下の方にいくためこの方法が有効とのことでした。
ct353
部屋干しに特化した扇風機も発売されています。

ほかにも風の通りを考慮するとかなり変わるようです。
ab960e5522757d1774ec9d9477285ce8

そのほかには、洗濯をする間隔を空けずに毎日するのがいいそうです。なぜなら、干す量が増えると洗濯物同士の間隔をあけることが難しくなり、結果として乾きが遅れる原因になるからです。

また、洗濯機が一通り洗い終わった後に、もう一度脱水だけかけるという方法もあるとのことでした。生地の弱い服は注意が必要だそうですが、早い乾燥のためにはかなり有効だそうです。

まだまだほかにも、ハンガーの種類だったり、干すときに長いもの短いものを交互にするなど細かな工夫はたくさんあるようです。

さあ、梅雨時期を乗り切りましょう。