さていよいよロック界の大御所、ローリングストーンズの登場です。

ストーンズといえば、数々ヒット曲がありますが、ぼくは「サティスファクション」ですね。
R00004178

1965年にリリースされ全米、全英で1位にランクインしています。
ストーンズが世界的な人気となるきっかけを作った曲と言われています。

the-rolling-stones-i-cant-get-no-satisfaction-1965-45
ちょっとビートルズ風なジャケ写真ですね。


ローリングストーンズは、1962年イギリス、ロンドンで結成されました。
オリジナルメンバーはブライアン・ジョーンズ(ギター)、イアン・スチュワート(ピアノ)、ミック・ジャガー(リードヴォーカル)、キース・リチャーズ(ギター)、その後まもなくビル・ワイマン(ベース)とチャーリー・ワッツ(ドラム)が加入しています。
201511021326350

1969年にブライアン・ジョーンズが脱退、その3週間後に謎の死を遂げています。その後任としてミック・テイラーが参加し、1974年に脱退、その後任としてロン・ウッドが加入しています。
img_722728017a021dbeaab079ac1c77c1c1601472

1960年代、ビートルズが解散するまでの間、中学や高校のクラスの中でビートルズ派とストーンズ派に分かれていたと先輩から聞いたことがあります。大体男の子はストーンズ、女の子はビートルズだったということでした。
0593e16bfd7a535a7cf0d11b7127e658

1960年代の初めから現在に至るまで、1度も解散することなく第1線で活躍し続けているロックバンドはストーンズくらいじゃないでしょうか。まさにロック界のレジェンド、不良おじさんたちです。
26torikaetorikae

GettyImages-961547374_ROLLING_STONES_1000-720x457

ミックもキースも1943年生まれですから、現在76歳です。
このスタイルは凄いですね。おじいさんと呼べないですね。
54975

2015RollingStones_Press_1_010715-720x477

出だしのエレキギターのリフを聴いただけで、この曲だとわかる「サティスファクション」。
この特徴的なギターリフは、ギブソン製マエストロのファズボックスを使用して作られているとのことです。
JPIC-20131225152823

曲中で何度も繰り返される"I can't get no satisfaction"のフレーズは「まったくもって満足できやしない」という意味だそうで、「満足できない」と歌っている曲で大ブレークしたストーンズの面々の胸中は満足しているんでしょうか。
それでは「satisfaction」をどうぞ。