「リトルワールド」の第3回目はヨーロッパエリアです。

まず目に入ってきたのは、聖ゲオルグ礼拝堂です。
8FE2F91F-AFE1-48A9-B253-5C12321390F1

内装は白基調の清楚なイメージです。
431F7BED-1022-44BE-8EE8-BD3CC43D8107

天井にはフラスコ画が描かれています。
B970BAA9-416C-473D-822A-EECD01F9AD5B

壁にはイエス・キリストの十字架が飾られています。
EF83669E-2335-4FC2-9551-344D3816B49D

C241881B-9B41-41BA-8598-1030F2A4D837

そして建物には、素敵な絵が描かれています。
06D4056C-56CF-4C1F-977A-DB2DA19991FB

4978A9AB-E583-4682-9DAC-67DA87924804

BE2B3882-5E51-499A-9AA8-5BA88D32F9F5

ここはドイツのバイエルン州の村をモチーフとしたエリアです。

ドイツの職人さんによる木で作られたおもちゃが展示されていました。
A095C7A7-78A4-4606-9A89-9515BC6A2B00

木で作られているだけあって何かぬくもりを感じます。
83BB695D-E4EB-44C5-ABE5-7F9E131BED61

96316713-08EC-4532-9EEA-F2B85E565C42

54FA7D25-A090-4E22-8ED9-F17E888BC3A6


大きなジオラマが展示されていました。
EE54E988-D899-47C1-AF13-FF01F9CB40FB

車や人など本当に細かな細工が施されています。
D1623BC0-B5C3-4E13-9E27-2831A23EA8DF
8A2BB68D-22C8-4808-8D83-A0748ADB4000
D62CA818-E1BD-43DA-AF1A-182EDBFA25F7
C2000B40-90BE-4B52-8E2D-373972163A20
9E0E1310-2A77-4868-89D5-8A6C5E01C304
 
よく言われることですが、ドイツの人はどこか日本人と共通する職人気質のようなものを感じます。
このジオラマは本当によく創られていて素晴らしかったです。

さて、外に出ると、「携帯電話投げ選手権」というイベントが行われていたので参加しました。
グリーンのボックスに携帯電話を投げて入れれば、そこにある札の点数をもらえます。
003F70D3-3F8D-4A7C-A4AE-4E8EB2833661
 
2回投げて、小学生は3点、大人は5点取れたら景品が出ます。
3点がとれれば、2点のボックスはすぐ目の前ですので、まずは3点を狙いに行きます。
3点が取れないと、もう5点のボックスを狙うしかありません。

僕の順番の前に15人ほどチャレンジしましたが、合格は1人だけです。
9329E7FD-8BD4-4BA0-A577-655A96843318
5C0A81F1-5F5C-4BCD-8FC6-FE53FB01796C
AAB0C416-77E0-48AF-8B88-38845110B588
 
さて、順番が回ってきてまずは3点を狙いましたが、残念ながら外してしまいました。こうなると一か八か5点のボックスを目指しますが、これも失敗、結構難しいです。ちょっと自信あったんですが。
見ている限りでは5点のボックスに入れた人は一人もいませんでした。

次に向かったのは、フランス、アルザス地方の家です。
ワインの古い樽が並んでいました。D371958D-120E-41F7-9C78-B76D41DE334A

農家の倉庫でしょうか。荷車や道具が格納されています。
2008B9FE-7C54-48FF-88F3-41AC648F7FD3

次はイタリア、アルベロベッロの家です。
C5EFC127-4F43-41D6-9687-5B393395000E

イタリア南部の農家をモデルにしているそうで、面白いデザインです。
平たい石を積み上げて作られたとんがり帽子のような屋根が特徴的です。
8734E9EC-95E9-40AC-8307-6508C9754438

どことなく地中海の海が似合いそうな雰囲気ですね。

さて、3回めもこの辺りで一旦終わります。

次回は、アフリカ地方編をお送りします。ワニの肉にチャレンジしますよ。