さて昨日の続きです。

インドネシア、バリ島貴族の家が見えてきました。
EB2E4143-EF3F-4FD2-90B9-1F8B47A9912A

すると、「スコール体験」というところがあったので、試してみることにしました。
2C4F2012-EAD3-4E5A-9026-84F8B1203FA5

傘を差して、スイッチを入れます。
8D1A9EDD-FD4F-4A00-9A42-385DB055592B

少し間があって、シャワーのように水が降ってくるのですが、真上からだけではありませんでした。
48262D5F-4A2A-400D-8A6C-F5DC962D13D3

実際のスコールがそうなのかもしれませんが、ズボンと靴がずぶぬれです。
14532C15-B1EA-4E24-A122-405CEAC0090B

逃げようがありません。

なんか情けない姿になってしまいます。
D09BC409-E3E1-4C23-8E76-D2FD784102B7

参った、参った。

気を取り直して、いざ、バリ島貴族の家見学です。
66CE9604-EFDB-4440-A09D-5A4B11924354

ズボンが濡れてるので、いまいち表情がさえません。
9A2FC233-EEF5-4C96-8423-4150B4348A46

一見何でもないような、祭壇ですが、上の方を見るとものすごく鮮やかな装飾品が飾られていました。
94E5A4ED-C71B-4DBB-91EF-820C611E2D4A

インドネシアの家だそうです。
74EFB8ED-5B8C-42D2-9F69-F8CABB293916

ミクロネシアの家。床を高く上げてあるのは、雨や虫対策なんでしょうか。それにしても扉がほとんどないというのは、のどかと言うか平和です。
C69A5D5E-7068-4824-B41F-FAEF3856A1F7

石貨(せっか)と言って、簡単に言えばお金ですね。解説に運びやすくするため穴が開いています。と書かれていましたが、こんな重たいもの穴があったところでちっとも運びやすくはないですね。
9956747C-7ECF-456A-B463-C74EB32B1C3E

何かわかりませんが、飾り物でしょうか、もしくは酋長の印とか?(笑)
0A0BFEC4-CD6A-4279-AED1-16BA89171335

さてここから移動して、次はヨーロッパエリアに入りますが、この続きはまた。