先日スーパーで、そら豆が売られているのを見つけ、買って食べました。
今シーズン初めてです。ちょうどこの5月頃からが旬の季節なんですね。
index11

僕は塩ゆでしたそら豆が結構好きです。この時期になるとたまに食べたくなります。
何気ないそら豆なんですが、調べてみると面白いことがわかりました。

まず、地中海、西南アジアが原産国と推測されるとありました。そして古代エジプトやギリシャ、ローマにおいて食されていたそうです。紀元前3000年以降中国に伝播し、日本には8世紀ごろ渡来したと言われているようです。とても歴史ある食材なんですね。

和名の由来ですが、さやが空に向かって付くためだそうです。
soramame_1

「空豆」ってことですね。とてもわかりやすいです。ほかに「蚕豆」や「天豆」という字をあてられる場合もあるようです。理由はさやが蚕の形に似ていること。「天豆」は酒処などで用いられることがあるんだそうです。

そら豆の花弁には黒い点があります。それが死を連想させるということで古代ギリシャ人はソラマメを葬儀に用い、不吉として嫌われることもあったんだそうです。
また、古代ローマ人は葬儀に用い、葬儀の際の食事にも供したとされています。
index

そら豆と葬儀にそんな関係性があったなんて、おそらく我々日本人はほとんど知らないことでしょうね。花弁に黒い部分があるだけで、不吉だなんてそら豆としてもいい迷惑かもしれませんね。

images