前回はベック・ボガート&アピスを紹介しました。となるとかつてティム・ボガートとカーマイン・アピスが在籍していたヴァニラ・ファッジを紹介しないわけにはいきませんね。

ヴァニラ・ファッジは1966年にアメリカで結成され1970年の解散まで活動していました。グループ最大のヒット曲は1967年リリースの「キープ・ミー・ハンギング・オン」です。この曲は元々モータウンのシュープリームスが1966年にリリースした曲ですが、おそらくヴァニラ・ファッジの方が有名で、僕も長い間彼らの曲だと思っていました。ハードロックに仕上げられたこの曲はロック史の中でも、秀逸な曲の一つではないかと思います。
thumbnail.image.shashinkan.rakuten.co.jp

改めて、ヴァニラ・ファッジのオリジナルメンバーは、オルガンのマーク・スタイン、ベースのティム・ボガート、リード・ギターのヴィンス・マーテル、そしてドラムスのカーマイン・アピスです。
スタインのオルガンが主体で、アピスのキレのいいドラムが圧倒します。全員がボーカルをできる強みも持っているグループです。
1970年にいったん解散しますが、その後再結成を繰り返し、現在でもスタイン、マーテル、アピスのオリジナルメンバーにボガートの代役を一人加えて活動していると言いますから、驚きです。
a3414_s800b1b5

ちなみにヴァニラ・ファッジのメンバーはビートルズのファンで何曲かビートルズのカバー曲を出しています。また、グループ名は当時アメリカで売られていたアイスクリームの商品名から付けられたそうです。

では、ヴァニラ・ファッジで「キープ・ミー・ハンギング・オン」をどうぞ。渋いです。