紙幣刷新のニュースが突如報じられました。なんか急なことで驚きましたね。
もう皆さんもご存知だと思いますが、こんなデザインで進んでいるそうです。
MM0001-PN1-2
数字が入っているところが新鮮というか、海外(東南アジア)の紙幣のような感じがします。

でもなぜ紙幣デザインを変える必要があるのか、疑問がわきますよね。

どうやらその理由は偽造防止、いわゆる偽札作りをたくらむ犯罪者に対する防御策なんですね。
およそ20年周期で行われていて、前回の改正は2004年、その前は1984年に行われているそうです。

偽造に対するセキュリティの高さは世界でもトップクラスを誇ると言います。透かしやホログラムといった簡単にはまねできない高い技術が施されています。

しかし、ここへきて急速にキャッシュレスの波が押し寄せています。政府もキャッシュレス化に向けて動いています。新紙幣に変わるとそれにかかる費用が500億円を超えるという試算も出ていました。税金の無駄使いじゃないのか、という声も聞こえてきます。そこは疑問が残るところです。

お隣の中国の話ですが、有名な「アリペイ」など日本に比べてはるかに早くキャッシュレス化が浸透しています。前にテレビのニュースで見ましたが、普通の街の八百屋さんでも使えるくらい広がっています。なぜ、中国でキャッシュレス化が進んだのかというと、偽造紙幣が横行しているからだそうです。
現金を使う人も、お店側も常に本物かどうかを見極める必要が背景にあったと言います。
日本は紙幣の偽造を防ぐためにしっかりとお金をかけているから、偽札が出回りにくいです。ですから国民は安心して現金を使うことができます。それが、キャッシュレス化を遅らせているのだと思います。皮肉な結果ですね。

日本の政府は、キャッシュレス化を進めたいのであれば、そこに税金を使った方がいいように思います。紙幣の偽造をより防ぐためという目的も、もう今の世の中では、時代に逆行している感じがします。現在の紙幣でも世界的に見れば十分高いセキュリティを維持しています。
少し見方を変えてみますと、紙幣が変わるとATM機やジュースの自販機などを変更することになります。一瞬かもしれませんが、その業界には特需が起こることになり、その狙いがあるのかもしれません。
今、世界はものすごい勢いでキャッシュレス化に移行しています。
コンビニなども無人化など真剣に検討されていると言います。
その波に遅れないように考えていただきたいと思いますが。

紙幣が変わるのは、5年後の2024年の予定らしいですが、その頃には、キャッシュレスがどの程度浸透しているんでしょうね。アメリカの紙幣なんて昔からデザイン変わってないような気がしますが・・。