名鉄瀬戸線は栄町駅と尾張瀬戸駅約20㎞を結ぶ鉄道です。名古屋市の中心から北東部を経由して瀬戸市をつなぐ路線として親しまれています。

その中でも尼ケ坂駅~清水駅間約500mの高架下を利用して、おしゃれな店舗に変えようということが発表されました。この辺りは住んでいるところからも割と近くて親しみのある場所です。
plan-690x360

その名も「SAKUMACHI商店街」。桜並木の続く立地から明るく賑わいのあふれるまちの商店街のような交流拠点でありたいという思いを込めて「花咲く街の商店街」から「SAKUMACHI商店街」と名付けられました。

まずは第1期2019年の3月29日に尼ケ坂寄りの芭蕉にパン屋さん、和カフェ、パフェ、駄菓子、お弁当、保育所、学童保育施設の7店舗が完成します。

小さなお子様を持つ、ママさんたちが集うまちになりそうな雰囲気です。

その後、清水駅寄りの2期工事が約1年後の2020年春ごろ開業予定とのことです。
20190228尼ケ坂_L区画-690x280

今まで、駐車場や空き地になっていて、やや殺風景だった場所が変貌を遂げることになりそうで、少し楽しみな気がします。