箱根駅伝はお正月の風物詩としてすっかり定着していますね。

関東の大学生らが、東京から箱根間を2日間かけてタスキをつなぎ駆け抜けます。

1人20kmほどの距離を走ります。いろんなドラマが毎年生まれます。
いつも感動する場面は、タスキが繋がりそうで繋がらない時です。

先頭チームがタスキリレーをしてから、後続のチームは一定時間を過ぎてタスキリレーができないと、繰り上げスタートと言って、ランナーが来ない状況でスタートしなければならなくなります。ここでリレーとしての記録は終わってしまいます。

文章で書くとそのシーンの感動が伝わりにくいですが、ライブ映像で見るとハラハラドキドキ、そのランナーの心情になってしまい、勝手に目頭が熱くなってしまいます。
「後もうちょっとだ、頑張れ、頑張れ」 って、なります。多分テレビの前のほとんどの方が同じような気持ちで見ているんじゃないかと思います。

さて今年も箱根駅伝が1月2日の朝、東京の大手町からスタートしました。
ところが スタート直後に大東文化大の選手が転倒してしまうというアクシデントがありました。

まだレースは始まったばかり、ここから約20km走らなければ次の走者にタスキをつなぐことができません。転倒の際に足首でも捻ったのでしょうか、明らかに片足をかばうような走り方になっています。 早くもドラマが始まりました。
F740063E-1DFB-48F6-B16B-0CB8AA9F2230

ようやく中継所近くまで来ることができました。中継所では次のランナーが今か今かと待っています。もう繰り上げスタート用のタスキをかけて間に合わなかった時の準備をしていました。
348A4F69-07EA-45A8-8D41-FECE028C4BF3
もう残り時間がない、早く早くなんとか繋いで欲しい、この中継を見ている人全員が同じ思いだったでしょう。
すると、目の前まで来ました。
A32351C2-861E-4D80-B59C-D5308B8CBE96

そして、20kmを走りきり、なんとかタスキをつなぐことができました。
0C81AED0-3513-4F5A-A227-5937B98B7395

EB4D8167-D4C5-42B8-9F1C-5673223AC4A5
タスキを渡した途端転倒です。
20D0888D-922E-4FF6-9A4F-739D511B0A79
もう足は限界だったのでしょう。いや限界を超えていたのかもしれません。

この場面は感動しました。
アナウンサーもここぞとばかり熱の入った実況をしていました。おそらくこれを見ていた視聴者は皆、ホッとした瞬間だったと思います。
ただ、それに違和感を持たれた方もおられたようです。 

早稲田OBで現役ランナーの大迫傑 さんがツイッターで以下のように発信されたとか。
〜「さっきの1区、捻挫した選手は頑張った。 捻挫は注意しないと別な故障で繰り返したりで時間が掛かるからしっかり治して欲しい。ただ、娘が言った一言『テレビで喋ってる人(実況)なんか喜んでるみたいだね!』。これが全てを物語ってるよね。心配する場面ではあるけど、感動する場面ではない」とつづった。〜
 人によっていろんな見方があると思います。大迫さんは箱根駅伝を経験された方ですので、一般の視聴者とはまた少し違った目線があるのかなと思います。

感じ方は人それぞれで、全く構わないと思います。同じシーンを見て、感動する人、しない人、どちらも間違ってはいないと思います。それは全ての人が同じ反応をすることの方が異常だと思えるからです。 
なので、「感動する場面ではない 」というのは一個人の見解であって、感動する人はすれば良いというのが僕の考え方です。
 生身の人間が今そこで走っている姿を中継で見ることができる、スポーツ番組の生中継の素晴らしいところです。そのパフォーマンスに人は感動し、落胆もしたりするのです。

先ほどのコメントに対し賛否両論飛び交っているようです。

僕は最初に書いたように、箱根駅伝は筋書きのないドラマ、何が起こるかわからない 、そんなスリリングな年に一度のイベントを楽しみにしているファンとして、これからも大いに感動したいと思っています。
そしてこのイベントを応援します。実況アナウンサーはやや誇張的かもしれませんが、この実況があるとないでは感動も全く違うものになるでしょう。重要な役割だと思います。賛否両論ご意見はあると思いますが、プライドを持って続けていただければと思います。