4月に新しく社会人になった約半年がたち、かなり仕事にも慣れ、周りの人々とも多くのコミュニケーションがとれていることと思います。

今回第6回目の中村天風先生の名言集を紹介させていただきます。今回が最後となります。

前回同様今回もサイト「癒しツアー」より引用させていただきました。


※中村天風(1876年生誕1968年没)
 思想家であり教育者である。
 1919年に「統一哲医学会」を設立し、多くの政財界の実力者が入会する。
 1940年に「天風会」と改称。多くの著名人が天風に師事しており、各界に多くの影響を与えたとされている。
nakamuratempu400

中村天風の名言(6)


 

誰がなんといおうが、

本人が「有り難い、幸福だ」と思っていたら、

不幸はありえない。

だから幸福は、

心が生み出す

きわめて主観的なものなのだ。

 

- 中村天風 -


 

欲しいっていうものが

自分のものにならなかったら、

現在自分が持っているものを嬉しい、

と思うように考え方を変えればいいんです。

 

- 中村天風 -


 

どんな名医や名薬といえども、

楽しい、おもしろい、うれしい

というものに勝る効果は絶対にない。

 

- 中村天風 -


 

筆を洗ったまっ黒なコップの水も、

水道の蛇口のところに置いて、

ポタリポタリと水を落とせば、

一晩のうちにきれいになってしまう。

 

- 中村天風 -


 

生きてる現実、

恋をする。

飯を食う。

クソをたれる。

ひっかけば血が出る。

もう、自分の人生は

現実でしか解決がつかないんです。

 

- 中村天風 -


 

欲望を無くそうとする欲こそ、

もっとも大きい欲だということに

何故気づかんのか。

 

- 中村天風 -


 

欲は全ての進化と向上の源泉である。

欲を押さえつける必要など少しもない。

求めれば求めるほど愉快になり、

楽しくなるのが本当の欲である。

しかも、

人の喜びが自分の楽しみとなるものが最も尊い。

この尊い欲の炎をもっともっと燃やすことである。

 

- 中村天風 -


 

外と中と両方から見ろ。

それを学問的にいうならば、

科学的に考えると同時に、

哲学的に考えろと。

哲学的に考えると、

科学的な考え方がおろそかになるし、

科学的に考えると、

哲学的な考え方がおろそかになる。

 

- 中村天風 -


 

模倣も極致に到着すると

真実と同様になる。

この真理に則って、

善いという事は極力、

模倣に専念すべきである。

 

- 中村天風 -


 

力を入れることに

重点を置かずに、

力を働かすことに

重点を置く。

 

- 中村天風 -


 

心も身体も

道具である。

 

- 中村天風 -


 

笑っているとき、

人間は最も強い。

 

- 中村天風 -


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2017年の日本の自殺者数は2万人を超えています。これでも8年連続で減少しているそうです。
年代別では40代の方が最も多く全体の約17%を占めています。年代別で気になるのは10代のみ増加しているそうです。男女別にみると男性が約7割女性が3割という比率で、原因の多くは学校問題だそうです。

中村先生曰く、幸せかどうかは

「心が生み出すきわめて主観的なものなのだ」

とおっしゃっています。きわめて困難な状況にあっても、自身の心の問題が大きく関係しているということです。どんな人も幸せになる権利があります。その権利を自ら放棄するようなことは絶対に避けてもらいたいと思います。
そして

「もう、自分の人生は

現実でしか解決がつかないんです。」

とも。「現実でしか解決がつかない」その通りです。逃げるという手段を選ぶ前にすることがいくらでもあるように思います。友達、兄妹、親、逃げたら悲しみとショックが残るだけで終わってしまいます。

笑ってすべてが解決するとは思いませんが、

「笑っているとき、

人間は最も強い。」 のですね。楽しい時を過ごすことで嫌なことがどこかへ消えていきます。

大いに笑いましょう。笑って笑って人生を過ごせたらそんないいことはありません。

そういえば、近所の御老人でいつ出会っても笑顔の方がみえます。そんな風に年齢を重ねられたら最高ですね。


余談になりますが、

「力を入れることに

重点を置かずに、

力を働かすことに

重点を置く。」

この言葉は、ゴルフスイングの基本のように感じました。一般的にアマチュアの場合、飛ばそう飛ばそうと腕に力を入れがちです。しかしボールを飛ばすのはゴルフクラブです。いくら力を入れてもそれがうまくボールに伝わらなければ、結局飛びません。もしくは飛ぶどころか左へ右へとんでもない方向に行ってしまうこともよくあります。「力を働かすこと」とは「クラブを上手に使うこと」に置き換えれます。そうわかっていながら、コースに出るとつい力んでしまうのは、人間がまだ未熟なのですね。