さて今月のカバ丸くんたちは、熊手をもって何やら踊っているようです。
C030786B-E186-49DE-A633-E545D0D3BC87

開運厄除  商売繁盛  家運隆昌  延命長寿
福かき集め 大賑わいの  酉(とり)の市 という今月のタイトルです。

さて「酉の市」ってこの東海地区では、あまりなじみがないように思われます。
関東地方では結構派手なお祭りが行われているようです。

「酉の市」について解説です。(名古屋大須 酉の市より引用)
☆酉の市の始まり☆
鎌倉時代(1265年)上総(かずさ)の国、鷲巣(わしのす)=千葉県茂原市に、「鷲妙見大菩薩」が現れ国家安泰人々の祈りが通じたそうです。この鷲妙見大菩薩は出現が11月酉の日であることにより、その日を酉の日とし祭りが行われるようになったとのことです。

11月最初の酉の日が「一の酉」。次が「二の酉」。三番目が「三の酉」と呼ばれ暦の加減で「三の酉」はない年がほとんどだそうです。祭りに市が立ったので次第に酉の市と呼ばれるようになり、来る年の開運、家内安全、商売繁盛などを祈るお祭りで「家の中に幸運を掻き込む」という縁起を担いで、熊手が販売されています。

関東では三大酉の市と呼ばれるところがあります。
新宿の花園神社、浅草の鷲神社(おおとりじんじゃ)/長国寺、府中の大国魂神社(おおくにたまじんじゃ)の三か所がそれにあたります。

今年の酉の日は、三の酉が11月25日でしたので、すべて終了してしまいましたが、大勢の方でにぎわったのでしょう。

ここ東海地区では、大須にあります稲園山 長福寺(七寺)のもと「大須七寺 酉の市」が開催されていたようです。大須観音の南東方向に位置しています。

酉の市についてはよく知りませんでしたが、おかげで少し勉強になりました。