時代とともにいろんなことが移り変わっていきますね。
育児についてもたくさんそういったことがあるようです。
state-of-child-rearing-of-the-past-and-now

初めての子育ては、年長者の方のアドバイスを聴きながら行うというのが昔の常でした。
しかし、今はネット社会であふれるほどの情報が簡単に入手できます。

タイトルに書いたように「昔の常識は今の非常識」ということを、知っておいたほうがいいと思います。
ちょっと調べてみました。(育児ログより引用)
normal

昔は赤ちゃんが泣いた時など抱っこばかりしていると「抱き癖」によって泣き止まなくなるとか、甘えん坊に育つと言われていました。しかし、現在では赤ちゃんが泣いたらどんどん抱っこして抱き癖を付けた方がいいとされているようです。抱っこすることで赤ちゃんのストレスが軽減され、感情表現が豊かになり親子の愛着関係が深められるというメリットがあるそうです。甘えん坊になることとは関係がないそうです。

昔は母乳よりも粉ミルクが推奨されていたそうです。今では母乳の方が栄養バランスが高いだけでなく、免疫成分が含まれているため母乳育児が推奨されているそうです。

昔は生後3~4か月後あたりから果汁を与えるとよいとされていました。今の育児では生後6か月未満の乳児に果汁を与えるべきではないとされ、離乳食前の果汁摂取は必要ないということです。

昔は産後6ヶ月以降の母乳は栄養が下がるため生後5カ月から離乳食を与えるといいとされてきました。
しかし今の育児では、6か月以降も栄養価が下がらないことがわかっているため生後5~6カ月を過ぎてから離乳食を開始するよう指導されているそうです。

昔の育児では、離乳食は親の口で咀嚼(そしゃく)して、十分にかみ砕いてから赤ちゃんに与えるということを推奨されていました。そのためスプーンも共用のものを使用していました。
今の育児では、離乳食をすり鉢などで十分にすりつぶして与えるのが当たり前だそうで、親が咀嚼して与えると虫歯菌の感染原因になるそうです。

そのほかにも1歳までに断乳するとされていたのが、自然に母乳を飲まなくなるまで授乳を続けることが推奨されていたり、あせも対策でベビーパウダーを使わずベビーローションやベビーオイルを使うのが常識と変わってきているようです。
また、昔は沐浴の時片手で両耳をふさいで入れたりしました。僕もそれをした覚えがありますが、今では耳をふさぐ必要はないとされています。無理にふさぐと赤ちゃんの内耳や鼓膜を傷つける原因になったりするそうです。万が一多少のお湯が耳に入っても中耳炎になることはないと言います。

そのほかにもまだいろいろとありますが、このように育児方法が変化しています。
昔取った杵柄で、「昔はああだった、こうだった」はもう通用しません。
20160512-saimata1-500x357


もしママが姑さんから昔の方法を勧められたときは、いったん軽く聞き流し、後でパパに一肌脱いでもらい、「あれ俺がそうさせてるんだけど」とでも言ってもらいましょう。とアドバイスされていました。

あまりムキになって関係がこじれても困りますからね。
ママもその周囲の人たちも赤ちゃんの健康や命に係わる最新情報をしっかり押さえつつ、固定観念を捨てストレスの少ない育児を心掛けるようにすることが良いようです。