プロ野球は、ただいま広島とソフトバンクによる日本シリーズの真っ只中である。2戦行い広島の1勝1分けでヤフオクドームへと戦いの場所を移す。

そんな中その他の10球団は来期に向けて、動きが活発になってきた。
巨人に4年ぶりに返り咲いた原監督は、コーチ陣を一掃した。村田、二岡、斎藤雅樹、井端、大西らが退任となり、代わりに打撃総合に吉村、投手総合に宮本、そのほか水野雄仁、元木大介、鈴木尚広らジャイアンツOBで固めた格好となった。ジャイアンツファンのみならず野球ファンにとっては楽しみな布陣でなないだろうか。

201810150012-spnavi_2018101500008_view

また、中日は与田新監督のもと新しいコーチ陣の発表があったのだが、顔ぶれには少し驚いた。
まずヘッドコーチに西武、ロッテで監督経験のある伊藤勤氏、投手コーチに阿波野氏、打撃コーチに村上隆行氏、赤堀氏、中日OBの中村武氏とフレッシュな首脳陣に変わる。1軍では波留コーチと奈良原コーチ以外はすべて変わったことになり、ほとんどパリーグ出身者となる。これだけOBが少ないのも珍しいような気がしてとても新鮮に映る。
2軍の方では今年限りで現役引退した荒木雅博氏、浅尾氏などが入り中日OBの門倉氏も復帰した。門倉氏は複数のチームを渡り歩き、海外などで多くの経験をしているだけに、若い選手たちにどんな指導をされるのか楽しみなところである。
20170330-00069326-roupeiro-000-6-view

そして注目は、やはりヘッドコーチを務める伊東氏だろう。
28430563_918702464971256_8886209746839797760_n
西武の黄金期に不動のキャッチャーで投手をリードし、引退後も西武、ロッテの監督を歴任している。WBCでのコーチ経験もありまさに百戦錬磨といっていい人物である。初経験の与田監督にとっては非常に心強い腹心となるに違いない。

野球ファンの多くから「巨人が強くないと面白くない」という声が聞かれる。そういう意味では、過去12シーズン中、7度のリーグ優勝に輝いている原監督への期待は大きいはずだ。
ドラフトではくじ運に恵まれず、どちらかというと将来を見据えた補強となった。即戦力をトレードに頼らざるを得ない原巨人は、大物釣りを考えているようである。日本ハムのレアード、広島の丸、西武の炭谷銀仁朗、オリックスの中島あたりを狙っているという情報があった。懐が裕福な球団だけにアッと驚くトレードが起きても何ら不思議ではない。
20181004-OHT1I50014-T

2018年のシーズンのように1強5弱では盛り上がらない。
野球ファンは最後の最後まで優勝を争うペナントレースを見せてほしいと願っているはずだ。