10月25日今年もプロ野球のドラフト会議が行われた。
6ba77c12-s

今年の目玉はなんと言っても大阪桐蔭の根尾選手と藤原選手、報徳学園の小園選手そして金足農業の吉田投手だろう。どうしてもこの4人に注目が集まる。
fullcount_233403_0

まずは根尾選手、中日、巨人、ヤクルト、日本ハムの4球団競合の末、中日の与田新監督が見事交渉権のくじを引き当てた。ペナントレースが始まる前にまず大きな仕事を達成したことになる。
img_094b2e6243fad1d2d7593946d977c24c139240

また、同じく大阪桐蔭の藤原選手にはロッテ、楽天、阪神が指名しロッテが当たりくじを引いた。
20181025-OHT1I50101-T

もう一人報徳学園の小園選手には広島、DeNA、オリックス、ソフトバンクから広島が引き当てた。
7ba04aa54bb3c5288f7041670a4138ce_640px

西武以外の球団はこの3人の誰かを指名したことから、彼らの評価の高さがうかがわれる結果となった。

もう一人注目の吉田投手だが、日本ハムが外れ1位で見事に交渉権を得た。thumb-12133-235425-sports_l
しかし、日本ハムの引きの強さには恐れ入る。昨年は清宮選手を7球団の強豪から引き当てている。
古くは2010年早実の斎藤佑樹投手を4球団競合から引き当てた。
2012年にはあの大谷翔平選手を獲得している。ただしこの時は大谷選手が米球界挑戦を表明していた関係で、ほとんどの球団が見送り日本ハムが強硬単独指名して獲得したものだ。
1巡目の指名で吉田投手が残っていたことも幸運だった。

根尾選手は岐阜県の出身で小学6年の時に球団の公式ジュニアチーム「ドラゴンズジュニア」に選出されていたという。中日のユニフォームに再びそでを通すこととなり、強い縁があったようだ。「青い糸」で結ばれていたなどという声もあった。
中日が大物の高校生を獲得するのは立浪和義選手以来じゃないかな。
PK2018102602100065_size0

将来有望な選手ばかりだと思うが、問題はプロに入ってからが本当の勝負になる。1位で入団しても鳴かず飛ばずの選手も過去にたくさん見てきた。
自己の素質に甘えることなく、さらに高みを目指すことが大切だ。あのイチロー選手のように。
日本のプロ野球の未来は彼らの活躍にかかっている。
index