最近車の事故で、アクセルとブレーキを踏み間違えてコンビニに突っ込んでしまうというようなニュースを耳にします。
「そんなこと何で間違えるかなあ」とたぶん多くの方が疑問に思うことの一つです。

しかし、その疑問に思ったことが現実に起きてしまいました。

駐車場で車を止めようとハンドルを切り、ブレーキを踏んで泊まろうとした瞬間、車が前に出ました。
一瞬何が起こったのか、わかりません。前方には金網のフェンスがあります。どっと汗が出てきます。

止まろうともう一度ブレーキを踏みますが、結局それはアクセルでした。とっさのことでよくわかりませんが、ぶつかると思った時、無意識のうちにブレーキを踏みます。しかしそれがブレーキではなくアクセルならさらに前に出ます。そういう時はブレーキをグッと踏みますので、より車は前に行きます。パニックになります。結局金網のフェンスにぶつかってしまいました。
16706EA5-AC42-4F77-B9F8-E8F402E286A9

後から書くとそういう事だったのですが、車が止まるまで何が何だか訳がわかりません。ぶつかってからようやく踏み間違えに気が付いたのです。
BlogPaint

まずは車をバックさせ、所定のところに駐車しますが、運転することに少し躊躇を感じました。
また踏み間違えたらどうしよう?という不安が頭をよぎります。それでもなんとか恐る恐るバックさせ少し落ち着かせました。
異変に気付いた方が、見に来られます。事情をお話しし、少し時間を置きます。
取引先のところでしたので、すぐに関係者の方に謝罪しました。顔見知りの方が何人かいましたので、大事には至りませんでした。皆さん笑っておられたので少し救われた気がしました。
BlogPaint

こういう時はやはり気が動転します。
いろんな思いが頭をぐるぐる回ります。
まずは事務所に連絡し、保険業者に連絡を取ってもらいました。

こういう事故は、高齢者のもので自分には関係ないと決め込んでいました。まさか自分が、当事者になるとは信じられない気持ちでいっぱいです。しかし現実に起きてしまいました。
ぶつかったのが、金網のフェンスですから、車もほとんど損傷はありません。もちろんケガもありません。人でなくて本当に良かったと思います。それは不幸中の幸いでした。

これが「老い」というものの仕業であれば、それは知らぬ間に身近に忍び寄ってきています。
今回のことでそれがわかりました。今までの慣れでサッとやろうとすると、落とし穴が待ち受けています。
「慎重に慎重を重ねて事を運ぶように」と天からの戒めなのかもしれません。

何とも情けないやら、恥ずかしいやら、今年の初めに厄年なのでお祓いをしました。厄払いになっているのか、厄払いをしたからこの程度で済んでいるのかわかりませんが、いろいろと小さな災難が起こります。
関係者の皆様には多大なご迷惑とご心配をおかけしたことをお詫びいたします。
申し訳ありませんでした。