東海地方も梅雨明け宣言が出された模様です。平年よりも12日も早い梅雨明けです。

これから9月下旬頃まで暑い夏が続きます。
hqdefault

西日本の豪雨災害は広範囲に広がり、7月10日の朝時点で死亡者数が120名を超え、まだ安否不明者が80名ほどいると発表されています。未だに1万人以上の方が避難生活を強いられているようです。
豪雨災害としては平成に入って最悪となってしまいました。
20180709-OYT8I50001-N

昨日も書きましたように、短時間に集中して雨が降るとどうしようもないのです。河川の堤防もあまりの水量に耐えかねて決壊し氾濫してしまいます。山は大量に水を地面下にため込み、やがて地滑りを起こし、土石流となって街を破壊します。
家を建てる際には、場所をよく考えないととんでもないことになるということがわかりました。県や市など自治体は、そういった危険な場所の調査をしっかり行い、場合によっては規制をかけることも必要ではないでしょうか。
これだけ多くの事例が実際に起こっているわけですから、想定外という言葉では済まされなくなってきています。先読みを行い、事故を未然に防ぐ施策に予算を掛けなくてはいけないと思います。
_102422318_047990927-1

倉敷市や関市などでは多くの住居が冠水の被害にあいました。ようやく水が引き、これから片付けが大変な作業です。たくさんの車や家電品、生活用品が一瞬にしてゴミとなってしまいました。家そのものが流されて失うという被害に遭われた方もいます。

被災地の皆さんには、辛く厳しい夏となってしまいますが、どうぞお体に気を付けて、早く日常を取り戻されることを祈るばかりです。