決勝トーナメントの初戦、ベルギーとの試合は惜しくも2対3で敗れた。これで日本のW杯は終わってしまった。

日本は後半の早い時間に原口選手と乾選手のゴールで2点をリードした。この展開にはベルギーチームも少し危機感を募らせたのではないかと思う。

 しかしここからが世界ランキング3位の底力か、2点返され同点に追いつかれる。
このまま延長戦に入るかと思われたアディショナルタイムに、日本の攻撃からカウンターで大きな1点を失う。この時ベルギーチームはすごいスピードだった、 最後はこのスピードについていくことができなかった。

夢のベスト8に進むことはできなかったが、この大会で大きなものを得ることができたように思う。ベルギーをもう少しのところまで追い詰めたことはまぎれもない事実として歴史に刻まれる。

原口選手と乾選手のシュートはこれまでの日本人選手のものとは格段に違う距離のあるところからのシュートで十分に世界レベルの 価値があるものだった。

試合前の記者会見の場でベルギーの監督が記者からの質問に苦言を呈したという。
それは、ベルギーが日本に勝ち準々決勝に進むことを前提にブラジル戦について質問された時のことだ。
「今回、強豪チームが敗退している。勝ち残ったチームも苦戦を強いられている」 
「今自分たちは目の前の日本との試合以外考える事はできない。それに集中するだけだ。」 

甘く見たら足をすくわれてしまうと警戒感を出していたのだ。そしてランキング下位とは言えども、決勝に進んだチームという事で、しっかりと日本の力を認めていたように思う。

それにしてもロシアに代表されるように、今回ランキング下位 チームが本当によく頑張っている。それだけ力の差が拮抗しているという事なのだろう。

西野ジャパンは本当によく戦ったと思うし、ベスト16まで 進み夢を見させてくれてありがとうと言いたい。