昨年の6月に、新幹線が途中で停車してしまったニュースがあったことから、このブログを書きました。
IMG_2062

つい最近のことですが、その1年前に書いたブログにアクセスが急激に増えていたのでどうしたのかと思ったら、やはり5月24日午後8時25分ごろ東海道新幹線の米原駅付近において信号トラブルによって列車がストップするというトラブルが発生していたようです。

あまり大きく報道されていなかったので、よくわかりませんでしたが、おそらく新幹線の中で閉じ込められた格好になった乗客の一部の方がスマートホンで「新幹線」「緊急停車」「車中泊」などのようなワードで検索し、前述のブログがヒットしたのだろうと思います。

僕の車中泊の経験は2000年9月に起こった「東海豪雨」の影響でした。
東京を夕方6時過ぎに出発して名古屋駅に到着したのは、翌日の午後2時過ぎだったと記憶しています。
なかなか出会うことの無い経験でした。もちろん二度と会いたくないですけどね。


はじめのうちは、少しくらい遅れても仕方ないや、と楽観的でいられるのですが、時間が経つに連れ考えが変わってきます。実際にこの状況下に置かれると、いろんな不安が次々にこみあげてきます。

経験した者から言うと、備えがあると多少不安を払しょくできます。
少しだけ先を想像できると良いです。
まず大切なものは水です。それに食糧の確保、あとほしいものは情報です。今はスマホでいくらでも情報をとることができますが、2000年の頃はそういうものがないため、今どんな状況になっているのか全く分からないため、不安が助長されてしまいます。その点、JRさんにはもっと詳しい情報をこまめに出してほしかったです。そして水と食料の手当てをしていただくともっと良かったです。

トイレが途中から使用できなくなったのは、予想外でした。すべてのトイレではなかったことが幸いでしたが、そうなる可能性も0ではありません。

そして夜を明かすということは睡眠をとることになります。
その時の乗車率で環境がずいぶんと変わります。僕の場合は比較的すいていたため、3人掛けのシートで横になって寝ることができました。これは不幸中の幸いでした。

基本的に新幹線がストップするという前提ではないので、備えと言っても実際には難しいと思いますが、万が一の場合そういう事もあるということですね。