この問題で毎日ニュースが流れています。
2018052100055_1

一昨日、被害者の選手の父親が会見をし被害届を警察に提出しました。いよいよ刑事事件となっていきます。

そして、昨日、加害者の選手が実名と顔を公表して会見に臨み、違反行為についてはっきりと監督、コーチからの指示であったと述べました。

日大側はそれに対しても、未だ否定的な立場を取っています。何を守ろうとしているのかよくわかりません。

大学は、学生を立派な社会人として育成するところではないのですか?
教育者らが嘘や間違った教えをして、その目的が果たされるのでしょうか?

たった1人の学生をいわば人身御供にし、本来なら守らなくてはいけない学校が責任を押し付けているようにしか見えません。

今回の騒動で、多くの人が傷ついています。関学のアメフト部と関係者はもちろんのこと、日大の全て学生やその関係者、日大のOBらも落胆していることでしょう。特にアメフト部のOBは名門のプライドがあるだけに失意なのか怒りなのか、どんな思いでしょうか。

加害者となり、今回勇気を持って会見に臨んだ選手も加害者であり、被害者でもあると思います。

まだ二十歳の若者をここまで追い込んでしまう日大アメフト部とは一体どんなところなんでしょう。
高校生の時大好きだったアメフトが大学に入って 嫌いになったそうです。
そんなふうにしてしまうスポーツ部は何か間違っている気がします。 

アメフトをやっている高校生らは、今後日大を目指そうとは思わないでしょう。

そうなると日大アメフト部は、廃部になる恐れがあります。監督、コーチが辞任し、責任問題から理事長の引責にも及ぶ可能性があります。となれば実質ナンバー2と言われる元監督もそのポストはなくなると思います。そうならなければおそらく世間が許さないと思います。 

勇気を出して真実を公表した選手はとても立派に見えました。行った行為は許されるものではありませんが、やらなければいけない状況の中で辛い思いがよく伝わりました。

それに比べ、その数日前の監督の会見はとても歯切れの悪いものでした。 
「申し訳ありません」とは言ったものの、心は上の空のように見えました。
確信な部分になると、「文書で回答します 」…何のために会見を開いたのか落胆だけが残ります。
SNSなどで誹謗中傷されていることに対し「心外である」 とも述べてました。此の期に及んでもまだご自分の置かれた立場がよく理解されていないのかな、と思います。
全責任は自分にあると言ったのであれば、そういった厳しいご意見が集中することは当たり前のことで、黙って受け止めるしかないと思います。

1人の青年の人生を狂わせてしまう可能性もあります。
それだけ重大なこと、犯した罪は重たいのだという事をこれからわかってもらいたいと思います。