名古屋市天白区にあります塩竈神社に行って来ました。
4121D763-5217-43E7-BDFB-0C9E63681979

この塩竈神社は安産祈願の神様として名古屋では有名な神社です。

 ここを訪れるのは約30年ぶりです、ナビを使っているのにちょっと道に迷ってしまいました。(笑)
娘の安産祈願や出産のお礼参りで来て以来です。

ホームページによると、宮城県塩竈市の鹽竈神社(しおがまじんじゃ)より弘化年間(1844〜48)に愛知郡天白村豪農の山田善兵衞が御分霊を賜り、後に当地に社殿を建立し、祀り崇めたのが起こりと伝えられています。

本殿の正面です。
CEDB8B86-293A-475D-A6E5-04FE8A2ACE0A

僕は神社やお寺や城といった歴史ある建造物を見るのが好きです。
何百年も前に建てられた建物の前に立ち、その昔に宮大工さんらが人の力で作ったことを想像すると、改めて昔の人の高い能力に感心させられます。

御手水場です。
5C3C11A3-716F-415B-AF48-C9936B992A83


階段を登って、本殿前に進みます。
DA5C6F4D-9102-4735-9443-21C8185CF992

社殿の中は撮影禁止ですので、写真はありません。

社殿の脇に小さな御手水場がありました。
75EE2CCF-997E-48DE-B953-49AFFA49E763

「塩竈神社略記」として立て看板に由緒などが記されています。
EA97FE9C-9FC8-4807-95FD-422B87131D68

この日も何組か安産祈願や出産後のお礼参りなどで賑わっていました。

まだ生まれたばかりの赤ちゃんは泣くのが仕事とばかりに、ご祈祷中も泣き続けていました。
面白いことに1人泣くとつられて他の赤ちゃんも連鎖するようです。
92D57C17-55FE-430E-98DB-93FB854074F2

ご祈祷が終わると、腹帯におしるしの印をいただけます。
お守りやお札、清めの塩など持ち帰って、出産に備えるということになります。

いつも思うのですが、本殿の中に入ると、何か凛として厳かな空気を感じられます。
それはおそらく神様が祀られているからなのでしょう。
486DC184-222E-4232-B2D9-55DB802DF8BD