窓にこんな素振りしているシルエットが映っていたら、どう思いますか?
hoiko_180329leop01

どう見ても男性のシルエットです。

これ一人住まいの女性の防犯に役立てようと、レオパレスが開発した商品なんだそうです。
商品名は「Man of the Curtain」といいます。
hoiko_180329leop02

実はスマートホンとプロジェクターを使って、動く男性のシルエットを窓に投影し、あたかも部屋で男性が生活しているかのように見せるのだそうです。

シルエットは全部で12種類用意されており、シャドーボクシング、空手、ヨガ、ダンベルで筋トレ、エクササイズ、バットを素振りしている様子など強い男性を演出するシルエットや、掃除機をかける、新聞を読む、会社から帰宅して着替える、エレキギター演奏、洗濯物をたたむ、考え事をしながら部屋をうろつくなどの日常のシルエットが用意されています。
hoiko_180329leop03

この商品が開発された背景には、女性を狙った住居侵入犯罪が後を絶たないという現実があるようです。
なんでもこの開発にあたり、CGがいいのか、実写がいいのか、光量はどれくらいが適当かなど研究に研究を重ねて作られているそうです。

犯罪心理学者によると、「犯罪者は検挙されることをもっとも恐れる。カーテンに男性が映っているだけでも非常に強い犯罪抑止力を発揮する」と言います。


これからゴールデンウィークに入ります。長期間自宅を留守にする場合などにも有効利用できそうですね。
犯罪者はリスクを嫌うため少しでも何か抑止効果があることをするだけで効果的だそうです。
例えば、自宅ガレージに、自転車をきれいに停めずに無造作に置いておくだけでも、日常の雰囲気が出て効果があるそうです。
また、夜タイマーなどで部屋の照明を点灯させるというのもいいそうです。
最近では玄関先に人感センサーで点灯するライトもよく見かけますね。

ゴールデンウィークは空き巣の狙い時という話もあります。
くれぐれも用心したいものですね。