先日、娘から「ねえ、パパー、ちょっと来て」と珍しく声がかかる。
30歳を過ぎたけどもいまだに「パパ」である。いいのか悪いのかわからないが…

ま、それはいいとして、本題に戻る~「ap bankやるらしいよ」…「えっ!」
あまりにも唐突だったので、一瞬少し間があって「ほんとに?」
そして娘は手にしていたスマホの画面を僕に見せる。
0d7901e2-f62f-4bba-88ee-32b28f0819ce

おおー、すごい。なぜかそう思った。ちょっとテンションが上がる。

ap bank fesは静岡県つま恋で行われていた夏フェスで、過去2005年から2012年まで行われた。
index


>ap bankとは<

<<ap bankは、自然エネルギーをはじめとするさまざまな環境プロジェクトの支援や推進を行う非営利組織です。

音楽プロデューサー小林武史と、Mr.Childrenの櫻井和寿の2名に、アーティストによる自然エネルギー促進プロジェクト 「Artists’ Power(アーティスト・パワー)」の発起人である坂本龍一氏を加えた3名が自己責任において拠出した資金をもとに、2003年に設立されました。

ap bankの「ap」は「Artists’ Power」、そして「Alternative Power」のAPです。

環境プロジェクトへの融資や、音楽を楽しみながら、難しく捉えられがちな環境問題や社会問題などを身近なこととして考えてもらう場としての「ap bank fes」の開催、東日本復興支援などさまざまな活動を行っています。>>

20070614_305188

このフェスには、2012年に一度だけ行った。そしてそのすべてに感動した。心地いい疲れだった。

この時、来年もまた来るぞーと思ったが、残念ながらその翌年から開催されずに6年経ってしまった。

AA86ACB9-877E-4C63-9206-AACABC9EC3C3



その待望のap bankがまたやってくるのだ。

まだチケットも取れていないけれどもう行く気満々だ。


すぐにネットでチェックしてみる。
7月13日が前日祭、7月14,15日が本公演とある。前日祭というのは前回は無かった。

出演ミュージシャンもまだ決定していない。
どんな演者になるのか楽しみなところだ。

そしてMr.Childrenの櫻井和寿君から以下のようなメッセージが届けられている。(HPより)

~忘れられない風景が、
感動の記憶が、
「夏のつま恋」の中にある。
それは今も僕の身体中に住みついていて、時々どうしようもないくらいあの場所に帰りたくなる。
イヌとかネコとかサケとかハトとかにはあるって言うけれど、
ミュージシャンとしての僕の帰巣本能なのだとさえ思う。
つま恋は僕を育ててくれた場所。


あそこでまた、新しい音を、歌を、笑顔を、歓声を上書き出来るなんて、
まだ少し実感を持てないくらい嬉しい気持ち。


そうそう
「よく来たね」という歌が出来たのは、ちょうど今くらいの季節。
宮城の温泉地に向かうため車を運転しながら、ふと「夏のつま恋」に足を運び、ステージに笑顔を向けてくれるであろう人達を想像したら、なんとも言えない気持ちになって涙があふれ、危ないから車を路肩に停めて、泣きながら言葉をノートに書き留めた(笑)。


そのときのことを今思い出した。 うん。 あの気持ち。


櫻井和寿 ~

apbankfes2012_livephoto_fixw_730_hq

このフェスの1日はbank bandの「よく来たね」で始まる。

♬よく来たね 大変だったんじゃない?

 遠方まで 疲れちゃったんじゃない?

 こんなにいいお天気だから

 今年もいっぱい遊ぼう♬


そうか櫻井君は泣きながらこの曲を書いたのか。

どうりでジーンと来るはずだ。ライブで聴いた時、ちょっと鳥肌が立った。


7月が来るのが今から楽しみになった。