先日テレビで映画「JFK」を見ました。実際の映像なども絡め、とても見ごたえがありました。

そして15日の夜には池上彰さんの「現代史を歩く」番組で「JFK」の足跡を追っていました。
JFKといえばもちろん、アメリカの第35代大統領のジョン・F・ケネディのことです。
jfk-in-his-own-words-1024

テキサス州ダラスでのパレード中に凶弾に倒れそのまま帰らぬ人となりました。その直後に暗殺犯として収監されたオズワルドは警察内で射殺されるという前代未聞の事件になりました。映画で細かく解説されていますが、3方向から銃弾を受けていることや重体のケネディを診察した医師の記録がないことなど、矛盾が多く疑惑の山です。国家、警察、マフィアなどがグルになってもみ消しにかかった節もあり完全に解決していません。

大統領在任期間は3年足らずと短いですが、今でも多くのアメリカ国民の記憶に残り絶大な人気があるとされています。

この番組は大変興味深く見させていただきました。
_1938

特にジョンの父親、ジョセフ・パトリック・ケネディについてはあまりよく知らなかったのですが、いろんなことがわかりました。例えば、ジョンの兄、長男のジョーは大変優秀でジョセフは将来アメリカの大統領に育てるつもりだったそうです。
しかし、不幸にも若くして戦死してしまい、その夢を次男のジョンに託したのです。
cc4931c0de4faec30b13dcc5fb4b7133--kennedy-jr-john-f-kennedy

ジョンは兄に比べるとそれほど優秀ではありませんでした。ハーバード大学に入学しますが、それも兄の成績が良かったため恩恵を受けたにすぎませんでした。

ジョンは戦時中、日本の「天霧」という駆逐艦に衝突され彼ら10名が乗ったボートは沈没します。
そこから自力で近くの島に泳ぎ着き、何とか助けを呼び乗組員らの救出に成功します。戦地から帰還後そこでの活躍ぶりを父ジョセフは見逃さず、英雄として取り上げるよう雑誌社に売り込みます。
そのかいあってジョン・F・ケネディの名は全米に知られるようになったと言います。
当の本人、ジョンは自分が英雄視されることをあまり望んではいなかったそうで、皮肉なものですね。元々は結構人見知りする性格だったようです。

知名度の上がったジョンは29歳で下院議員に当選しました。この時、実は裏で父ジョセフがかなりの資金援助を行ったそうです。そののち上院議員になり大統領へと階段を上がっていくのですが、常に父が黒幕の存在で、金で票を買っていくようなことをしていたようです。

ではなぜそのように資金が潤沢にあったのか、という疑問がわきますが、ジョセフの妻は名門フィッツジェラルド家の出身だったのです。
ジョン・F・ケネディのFはフィッツジェラルドの略なのです。

ケネディ家のルーツはアイルランドからの移民でアメリカに渡ってきました。ジョンの曽祖父の時代です。その頃は大変貧乏だったそうです。しかし、ジョンの祖父パトリック・ジョセフ・ケネディが実業家として財を成し、下院議員、上院議員となりました。ここからケネディ家も名門の仲間入りとなりました。

1961年ジョンは大統領選挙で僅差でニクソン候補を破り大統領に就任しました。この時まだ43歳の若さです。
そして1963年全米を震撼させる事件が起こります。在任中の大統領の暗殺というショッキングな事件です。
狙撃された時の映像が残っており、何度も放映されていますが、妻であるジャクリーンさんが撃たれた直後に飛び散った脳みそを拾い上げている光景が衝撃的です。
cropped_CUT_John_F_Kennedy_Jackie_Nov_22_Dallas

8a7172dc

ジャクリーンさんとは36歳のとき結婚されています。
その二人の長女として生まれたのがキャロラインさんです。
mig

キャロライン・ケネディさんは駐日大使を2013年から2017年まで務めています。
彼女の人気ぶりはすごかったこと、今も記憶に新しいと思います。
1957年生まれで現在60歳です。偶然ですが僕と同学年ですね。
ph131116-2

1969年「スイート・キャロライン」という曲がアメリカで発売されヒットしました。
showPhoto

この曲はニール・ダイアモンドさんが作詞作曲で自ら歌っています。
後日ニール氏はキャロライン・ケネディさんを歌ったものであると明かしています。
また、そうではないという説もあり真実は不明ですが、前述のようだったらいいなと思います。

確かに可愛いらしいお嬢ちゃんです。
o0240016012641452101