今年もマスターズの季節がやってきました。この時期になると春になったなと実感します。
maxresdefault

さて初日は2015年の覇者ジョーダン・スピースが6アンダーと素晴らしいゴルフで単独首位に立ちました。特に13番から5連続バーディーで他を一気に引き離しました。
185782
オーガスタでは無類の強さを見せてくれますね。相性がいいんでしょうか。
しかし、そのスピースも2016年では優勝争いの真っ只中で12番ショートホールでまさかの2回池ポチャという事態が起こりました。
img_a324d5d8847e3a31fb21c41b3985dd2e150052
1度落とした後の打ち直しでは、ダフッてまた池に入れるという信じられないプレイでした。最初のミスで冷静さを失ってしまい、何も考えられなくなったと後述しています。オーガスタの魔女に魅せられてしまったようです。

さて我らが日本の松山英樹君ですが、1オーバーの29位とやや出遅れた感があります。185802
昨年は初日4オーバー54位からのスタートだったことを思えば、かなりいいと考えてもいいかもしれません。ちなみに昨年は最終的には11位まで順位を上げて終わっています。
3年ぶり出場のタイガー・ウッズも同じく1オーバーです。
昨年の覇者セルヒオ・ガルシアは15番で5度池に入れ、このホールなんと「13」をたたき9オーバーと87選手中85位という結果でした。

マスターズではよく「パトロン」という言葉が出てきます。観客のことを指すのですが、普通は「ギャラリー」といいますよね。なぜ、マスターズだけ「パトロン」と呼ぶのでしょうか。

球聖と呼ばれるボビー・ジョーンズがこのマスターズ大会を立ち上げました。
しかしその創成期は資金難で悩まされたそうです。そこでジョーンズの支援をしたのが、オーガスタ・ナショナルGCのメンバーだったのですが、資金運営にも携わったことから「パトロン」と呼ばれるようになったそうです。
ちなみにマスターズの賞金の元手はパトロンの入場料からねん出するそうです。

また、マスターズの会場には連日約3万5000人ものパトロンが訪れるそうですが、そのチケットはパトロンリストに登録された人たちに限り先行販売されるということです。一部ネット販売もあるらしいですが確率は相当低いようです。
そのパトロンリストは世襲制となっており、辞退者が出るとウェーティングリストから補充される仕組みなのですが、1972年以降追加がない状態が続いているようです。もしパトロンが亡くなっても遺族が購入し続けている例も少なくないという状況なので、新しくパトロンになるのはほとんど不可能に近いのです。
こういった状況ですので、毎年同じ顔触れがパトロンに並ぶという状況になっています。

マスターズのパトロンは単にゴルフを見に来る観客ではなく、積極的にゴルフにコミットし、マスターズに集う選手たちを鼓舞・激励しつつ、選手とともに夢の舞台を盛り上げる存在なのです。
~スポラボ.incより

さてさて今年は誰がグリーンジャケットに袖を通すのでしょうか?