若いころサングラスを持っていました。僕の場合は近視と乱視があるので度付きでないと使えません。
それがこれです。
EE99D6DD-4B22-4DA5-AE40-A04839839102

アメリカのレイバン社のもので当時この形が流行ってました。「サングラス=レイバン」みたいな感じの時代です。
結婚する前のたぶん25歳ごろだと記憶しています。
20代の頃、夏はサーフィン、冬はスキーとアウトドア派だったので結構サングラスを使いました。
もちろんその行き帰りの車の運転にも重宝しました。

その後、結婚してからはどちらへも行く機会がぐんと減ってしまい、引き出しの奥にずっと眠ったままの状態でした。

あれから45年経ち、ちょっとしたきっかけからサングラスを購入することにしました。もちろん度付きです。

そして、できてきたのがこれです。
0B398691-7EC7-47FA-9C08-6A1564C13EB5

わかりますでしょうか、またもレイバン社のモデルです。これは偶然の一致で、眼鏡ショップでいろいろ試し掛けしてフィーリングが良かったのと、デザインが気に入りました。
61DA95A0-C8CE-4273-AF13-5F29EB2C33EC

ゴルフで初めて使ってみました。
思いのほか、具合がいいことがわかりました。今までこんなものだと思っていた明るさが相当軽減され、とても見やすいです。たまに隙間からちらっと除くとまぶしいことまぶしいこと。でも長い間サングラス無しでやってたのですから、もっと早く気が付けばよかったとちょっと反省しました。

よく考えてみると多くのプロゴルファーがサングラス使ってますよね。
ハイシーズンの5月頃から11月頃までは結構日差しが強く、腕や顔が日焼けするくらいですから目にもかなり負担がかかっているはずです。

これからは少し楽になるのかもしれません。
ただし、これでスコアが良くなるかは別問題ですけどね。