国連が最新の「世界幸福度報告書2018」を発表しました。
栄えある幸福度の世界第1位はフィンランドだそうです。
img_9958

この報告書は国連がまとめたもので、156カ国を対象に、1人当たり国内総生産(GDP)、社会支援、健康余命、社会の自由度と寛大さ、汚職の頻度などについて分析したものです。

フィンランド人は暗く厳しい冬をものともせず、自然、安全、児童の保育、良い学校へのアクセスの良さと、ヘルスケアが無料であることなどを自国で最も良い点として挙げたそうです。

昨年5位だったフィンランドは1位だったノルウェーを抜いて、首位になりました。3位以下はデンマーク、アイスランド、スイス、オランダ、カナダ、ニュージーランド、スウェーデン、オーストラリアと、上位10位は北欧諸国が引き続き大きな割合を占めています。

さて気になるわが日本ですが、54位と昨年の51位からややランクダウンしました。
対象が156か国と言いますから、ギリギリ上位三分の一辺りの位置です。

米国は14位から18位に低下し、ドイツが15位、英国が19位、アラブ首長国連邦が20位ということです。イスラエルが11位というのはちょっと意外な気がします。

意外と言えば中東のサウジアラビアが33位、バーレーンが43位、クウェートが45位といずれも日本より上位に位置しています。何となく物騒なイメージがありますけどね。

アジア勢では台湾が26位、シンガポールが34位、マレーシアが35位、タイが46位、ここまでは日本より上位で以下韓国が57位、中国は86位という結果です。

今回初めて、移民の幸福度も併せて分析され、そこでもフィンランドが1位に選ばれたそうです。

カナダのブリティッシュコロンビア大学、ジョン・ヘリウェル教授は「最も驚いたのは、移民とその国の出身者の間で、幸福度が顕著に一致していること。より幸福度の高い国に移った人の幸福度は上がり、より低い国に移った人の幸福度は下がっている」と述べたと伝えられています。

さてこの結果をみて皆さんはどう感じられますか?