60歳は本厄とのことで、厄祓いに行ってきました。

場所は愛知県護國神社です。
549AFC44-A107-41A6-AAC1-764C79396236

娘も厄年で一緒に厄祓いをしてもらいました。 

手続きをして5分ほど待つと、準備が整ったようで神殿へと案内されます。
7746EB8B-A8DE-460E-96F9-7DD7FB8671CE

こういう神聖な場所に来ると気持ちが変わるような気がします。
ピンと張りつめたような独特な空気があります。

大太鼓の音でいよいよ始まります。 太鼓の大きな音はお腹にズシンと響きます。

玉串奉天し、10分ほどでお祓いの儀式は終了します。

そして最後に御神酒(おみき) をいただき、記念品をいただきました。

こういった紙袋に収められています。
B94544BC-A0C9-4738-B12C-AD0BA730EDF0

中身はと言うと、お箸とお米があります。
388BDC90-11F5-430C-99F1-4AAA297CEE5B

厄除けの御守りとなぜかお砂糖です。(何か意味はあると思いますがわかりません)
080E3CB4-8121-4C65-A3C5-7332298A4F2F

ご神前にお供えした「おさがり」としてお菓子もあります。
「撤饌」「てっせん」と読むのでしょうか、これもわかりません。
D416865B-D765-49B8-B5EF-1DAC5A4A0BA4

無事厄祓いも終わり、気持ちがスーッと落ち着いたような気がします。
2E8172EC-7007-4A0D-9A32-8D7696B5B415

C4C93384-3BA3-4A2B-9D26-4952407D03BB