先日も書きましたように、2月の行事と言えば豆まきですね。
7CF3E785-1D57-4277-AB58-E68B4F13A7AB

カバ丸くんたちも赤鬼、青鬼に「鬼はー外!」と豆をまいています。

なかなかリアルな鬼ですね。

ところで鬼はなぜトラ柄のパンツをはいているのでしょう?

以前から疑問に思っていたので調べてみました。(Excite ニュースから引用させていただきました)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
鬼を追い払う節分の歴史は古く、藤原京の時代に中国から「追儺」(ついな、「鬼儺」おにやらい、とも言う)がもたらされたことに始まる。この「追儺」は陰陽五行に基づく厄払いの儀式で、宮中の年中行事として行なわれていた。それが次第に社寺や民間でも行なわれるようになって現在の節分の豆まきへと変化していったのだそうだ。

陰陽五行では鬼の出入りする方角は鬼門とされこの方角の邪気を祓(はら)った。鬼門は方角でいうと北東、この方角を子(ね)を北として十二支を時計回りに配置していくと丑(うし)寅(とら)となる。そう、この丑(うし)寅(とら)が鬼を形作る上で大きかったのだ。

実は鬼の角は牛を、トラ柄のフンドシやパンツは寅を表しているのである。鬼のパンツは強そうだからというわけでトラ柄ではなかった。ああっ、まさに目からウロコのような話。

ちなみに、鬼退治に行く桃太郎が家来にイヌ、キジ(鳥)、サルを連れているのは鬼門の丑(うし)寅(とら)の対局に当たるのが申(サル)、酉(トリ)、戌 (イヌ)だからだとか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
凄いですね。
トラのような強い獣の皮を身に付けていることで強さをより強調しているのかと思っていました。

ラムちゃんもコスチュームはトラ柄でした。一応鬼族なんですね。角もありますし。
節分の日はどう過ごしているんでしょうか、気になります。(笑)
mig

陰陽五行に由来しているとは、驚きました。
それが桃太郎の家来の選定にも関連した意味があったとはさらに驚きます。

豆まきとは単なる行事ではなく、正式な邪気を追い払う儀式に基づいていることが改めてわかります。

昔の人たちは陰陽五行というものが生活に密着していたのですね。
この考え方に基づいて占い、行動する日や行先など決めていたのだと思われます。

幼稚園の時の2月生まれの生徒の集合写真です。
鬼の面をつけていますが、確か自分で作ったと思います。
2201D8D3-7C04-4793-9426-AF5CFF07747A