2月3日は節分の日です。
6405408

この節分の日というのは、年によって日が変わることがあるそうですね。
2018年は2月3日です。
基本的に立春の前日ということになっているそうです。従って2日か4日にずれることもあるそうです。
37186767
暦の上では春ということですが、まだまだ寒い冬真っ只中ですけれども。


子どもの頃皆さんも思い出にあると思いますが、家の中で「福はー内、鬼はー外」と言いながら豆をまき、後でまいた豆を年の数だけ食べる、という一種の儀式のようなことをしていました。
本当は年齢の数だけなんですが、こっそりと余分に食べたりしませんでしたか?
それが楽しみですから、たぶんそうなっちゃいますよね。

この豆まきという風習は、家から邪気を追い出して厄災を祓(はら)い、福を呼び込むために行われるということです。

節分(せつぶん)は古くは「せちわかれ」と読んだそうです。
元々1年に4回訪れる大きな季節の変わり目、立春、立夏、立秋、立冬それぞれの前日を意味する言葉だったそうです。年に4回節分の日があったわけですが、それがやがて1年で最初に訪れる大きな季節の変わり目であった、立春の前日だけを指す言葉として変化していったようです。

ルーツは中国にあるようで、それが日本独自の文化と融合して現在の形になったようです。
古くは平安時代までさかのぼることになります。
当時行われていた宮中行事の追儺(ついな)という悪魔を追い払う儀式に由来しているそうです。
鬼の役と豆をまく役がいて、大みそかにこの行事を行っていたそうです。
01216007707

なぜ「豆」なのか、と言うことですが、「豆」は「魔目:鬼(魔)の目に投げつける」「魔滅:魔を滅する力がある」と考えられていたようです。

子どもの頃はただ楽しんで豆まきをしていましたが、邪気を払うれっきとした日本古来の伝統行事としてこれからも受け継がれていくことと思います。