辞書編集に長い間携わり、先日「さらに悩ましい日本語」を出版された神永暁(かみながさとる)さんの記事が面白かったので、一部紹介したいと思います。
_SX312_BO1,204,203,200_

まず例の森友学園問題で一気にメジャーになった言葉「忖度」、今年の流行語大賞の有力な候補ではないかとまで言われるようになっているそうです。

忖度は本来、「他人の心を推し量る」意味だけで、その上で「何かを配慮する」意味はないそうです。
籠池前理事長が国会の証人喚問の際に使ったことで一躍脚光を浴びることになりましたが実はそれ以前にも「政権に配慮する」意味で使われていたそうです。
籠池前理事長の場合は「斟酌」(しんしゃく)の方がふさわしいのではと書かれています。
ただこの言葉も元々は「酒を酌み交わす」という意味から「寛大な取り計らい」に拡大した歴史があるとのことです。
このように言葉は変化していきます。

国会会議録を研究すると興味深い使用例が見つかったそうです。
例えば「しっかり」です。「仕事や勉強などを熱心・着実に行うさま」を表す言葉ですが、最近の政治家がよく使っていることが分かったそうです。
小泉純一郎内閣時代からそれまでの3倍近くに増えたそうです。

次に「忸怩」(じくじ)です。本来は「自分の行いについて恥ずかしく思うさま」を言います。
ところが実際には「残念、もどかしい、腹立たしい」といった意味に使われていることがほとんどだそうです。
他人にいら立っているばかりで、自分は全然恥じていない、ということです。

読み間違いから言葉が変化することがあるそうです。
その原因として「音位転倒」ということがあります。
「音位転倒」とは例えば幼児が「とうもろこし」のことを「とうもころし」と言ったり「エレベーター」のことを「エべレーター」と言ったりすることです。
それで思い出すのが妻の母親が「シーチキン」を「チーシキン」、「タッパー」を「パッター」と言ってました。(笑)

この例として「だらしない」は「しだらない」の間違いから生まれ「しだらない」の「しだら」は「しどろもどろ」の「しどろ」と関係があり「秩序が乱れている」という意味だそうです。

「あたらしい」は「あらたし」の間違い。「さざんか」(山茶花)は「さんざか」を読み間違えたことから生まれた言葉です。山茶花は普通に読めば「さんさか」ですよね。

このように日本語は時代とともに変化していく言葉なのです。


言葉の変化と聞いて真っ先に思いつくのは「やばい」ですね。

ヤバいよ(出川さんのは本来の意味です)

悪いことが起こりそうな、具合の悪い時に使われる言葉だったんですが、最近では「美味しい、素晴らしい、かっこいい」といった意味で使われています。
肯定・否定問わず使える便利な言葉で若者を中心によく使われています。

どちらかと言えば悪いイメージの言葉が真逆のいい意味に変化してしまった言葉の代表格です。
若い人たちからすればおそらく悪いイメージなどまったくないと思います。

また気になる言葉としては、コンビニなどで1000円札を出すと「1000円からお預かりします」などと言われることが多いです。一体いつ頃からそういう言い方に変わったのでしょうか。
僕の認識では「1000円お預かりします」で問題ないと思います。

ほかの国はどうなんでしょう。聞いてみたいものですね。