舘祐司の気ままなブログ

2020年05月

久しぶりに名曲シリーズはポップス・ロックジャンルにもどります。
o0500048514127105984

119回目の今回はアイク&ティナ・ターナーの「プライド・メアリー」です。
この曲は、もともと1969年にクリーデンス・クリア・ウォーター(CCR)が発表し全米2位になりました。ジョン・フォガティの作詞作曲です。
o0450044513924221513

528

アイク&ティナ・ターナーはアメリカの夫婦デュオです。16年間夫婦で活躍していましたが、のちに離婚しています。その後はソロシンガーとして活躍し、1984年に「愛の魔力」で全米1位を獲得し最大のヒットとなりました。

セクシーダイナマイトの異名を持つティナはいでたちから他を圧倒する迫力がありますね。
fc2blog_20170712182906881

アイク&ティナ・ターナーの「プラウド・メアリー」は、原曲からかなり編曲されています。原曲はカントリーロック調で淡々と少しのんびりと歌い上げています。一方、ティナ・ターナーのヴァージョンはスローテンポで始まり、中盤からは一気に爆発するようなティナ・ターナーのボーカルが魅力的です。
001

映像を見るとわかりますが、ティナは歌唱力もさることながらとにかくパワフルで見る者を圧倒します。
ダンスの振り付けが昔っぽくて懐かしい感じがいたします。

それではアイク&ティナ・ターナーで「プラウド・メアリー」をお聴きください。


先日ユニクロがマスク販売を発表して話題になっていました。
o1080105314763314592

これまで、マスクは作らないとしてきたユニクロでしたが、方針を転換したようで、通気性と速乾性に優れている「エアリズム」に採用されている生地を使っているところが特長的だということです。日本ではこれから暑い夏を迎え、「夏用マスク」として人気になりそうですね。

4月には大手電機メーカーのシャープがマスク生産を始め話題になりました。その後、スポーツ用品大手のミズノが水着素材を使用した洗濯可能なマスクを販売し、2万枚を即日完売しています。
i=httpsype=jpg

aal6442_1

また 海の向こうのアメリカではスポーツ用品のアンダーアーマーが4月から医療従事者用にマスク生産を行い、スポーツシューズメーカーのニューバランスもマスク製造を開始しているそうです。
xmain-1.jpg.pagespeed.ic.-4y7ZPYQH0
いろんなメーカが参入すると、多種多様なマスクが登場して面白いですね。

g9900186_c

そのほか、日本ではプロ野球やJリーグのチームが選手の背番号入りのマスクをグッズとして発売し始め、人気を集めているそうです。今プロスポーツはコロナ禍の中、自粛が続いています。球団やクラブ経営がだんだんと難しくなる中、苦肉の策といったところでしょうか。
d40424-51-894992-2

また、富山の下着メーカーがブラジャーに採用している不織布をベースに製造しネットで販売したところ、わずか20秒で完売したといいます。
top1-2

マスクがファッションになってきましたね。「どうせマスクするなら楽しんでしまえ」という逆手に取った流行でしょうか。手作りマスクも増えてカラフルなマスクをよく見かけるようになりました。
image_mask

中国の方がよく黒いマスクをしておられますが(個人のイメージです)、僕はなんか不気味に見えて好きではありませんでした。しかし、その後見慣れたのでしょうか、今ではほとんど気にならなくなりました。慣れとは恐ろしいです。

当分はマスクが注目を浴びそうです。
夏用にはどうか涼感マスクの登場をお願いしたいところです。
マスクを使わなくて外出できる日が待ち遠しいですね。




えー先日お伝えしました「アベノマスク」ですが、どうしようかと考えた結果、行き先を決めました。

名古屋で不要な人からマスクを集め、高齢者施設などに再配布するプロジェクトを始めた団体があることがわかりましたので、そちらに預け活用していただくことにしました。
AS20200518003726_comm

その団体は「なごや高齢者見守りネットワーク(みま~も名古屋)」で、キョーワ薬局の店舗に回収箱を設けているそうです。

今うちに届いた「アベノマスク」はこのままだと多分使われないまま時が経ち、いずれ捨てることになるような気がしました。ならば、今必要としている方に使っていただき、本来の役目を果たすことが最も適切だろうと考えました。

キョーワ薬局の御器所店に回収箱が設置してあることがわかり、行ってきました。
写真 2020-05-23 12 21 26

写真 2020-05-23 12 19 56

薬局の入口に回収箱がおいてあり、もうすでに多くのマスクが回収されていました。
写真 2020-05-23 12 20 35

僕もマスクを箱に入れて無事終了です。
写真 2020-05-23 12 20 44

不足している施設の方に有効利用されることを思うと少しハッピーな気持になります。

直接回収箱にもっていかなくても郵送でも受け付けています。
キョーワ薬局 御器所店
〒466-0855 名古屋市昭和区川名本町3の77
なお、未開封・未使用品に限りますのでご注意ください。
キョーワ薬局御器所店(〒466・0855 名古屋市昭和区川名本町3の77)
キョーワ薬局御器所店(〒466・0855 名古屋市昭和区川名本町3の77)
abenomask200415_TOP


不要な人からマスクを集め、高齢者施設などに再配布するプロジェクトを名古屋市の団体が始めた。15日から賛同する市内の薬局、診療所などに回収箱を設置し、直接郵送も受け付ける。
不要な人からマスクを集め、高齢者施設などに再配布するプロジェクトを名古屋市の団体が始めた。15日から賛同する市内の薬局、診療所などに回収箱を設置し、直接郵送も受け付ける。

映画「ザ・ウォーク」を見ました。もちろん自宅でです。(笑)
165903_02

この映画は2015年に公開されたアメリカ映画で、監督はロバート・ゼメキスです。
4f8173ae78f5d9c503294ed2b55992076b06b8b61418944654

1974年にワールドトレードセンターの2棟の間にワイヤーロープを張り、そこを綱渡りして世界を驚かせたフランスの大道芸人フィリップ・プティの伝記映画です。

フランスで大道芸人をしていたフィリップはある時、新聞の記事でワールドトレードセンターというとてつもない高いビルの存在を知り、一瞬で心を奪われます。それは彼が綱渡りを生業としていたことからいつのころからか誰もやったことのないことにチャレンジしたいという野望を持っていたのです。

たまたま出会ったアニーに一目ぼれし、自分の夢を語り最初の共犯者とします。
160121_walk_2

専属カメラマンのジャン・ルイなど次々に仲間を増やしながら、綿密に計画を立てアメリカに移り時間をかけて現場を調査していきます。そしていよいよ決行の日がやってきます。・・・

ツインタワーの高さは屋上で417m、タワーとタワーの間の40数メートルの間にかけた細いワイヤーロープの上を命綱なしで渡るというクレージーな企画なのです。よくこんなこと思いついたものだと思います。そして本当に実行しようということもばかげています。
200px-Y24-Wtc-september-5

これは実際にあった出来事をもとに作られているだけに、最後の綱渡りのシーンはもうハラハラドキドキで心臓が爆発しそうになりました。映画とはいえ迫力があります。
thewalk_1_large

20160131-thewalk-main-950x395

実際の写真がネットにありました。
unnamed1
4-13
3-17-500x297
映画の中でも寝そべるシーンが出てきます。
maxresdefault

もちろんこの行為は違法なことなので、最後は警察に保護されます。
unnamed

こんな風に撮影されていたのですね。
The-Walk7

1974年といえばぼくは16歳くらいのころですが、こんな大事件があったとは知りませんでした。しかし、なんでこんなとんでもないことを考えたのか不思議でなりません。そして、それに加担する人たちが何人もいたとは・・それもまた不思議なことです。そんな不思議な巡り会わせで出会った「共犯者」がいたからこそこの世紀の偉業は達成できたのです。
主演を務めたゴードン=レヴィットは綱渡りの経験がなかったため、プティ本人のもと猛特訓を行ったそうです。その結果わずか8日目に補助なしで綱の上を歩けるまでになったそうです。役者魂ですね。
thewalk

文句なく楽しめる映画です。
この映画のことは何も知らなかったので、まったく期待せずに見たこともよかったのか、大満足できました。
ただし見終わった後、ちょっと疲れが出ます。手に汗握る緊張感が続くためでしょうか。(笑)


昨日いわゆる「アベノマスク」が届きました。
写真 2020-05-21 9 36 46

まだ開封していませんが、見る限り不良品ではなさそうです。(笑)

いろんなことが起こったアベノマスクにまつわる出来事を振り返ってみましょう。
国民全所帯に布マスクを各2枚配布すると発表されたのが、4月1日のことです。当時国内ではマスクが不足していて、歓迎の声もありましたが、その後郵送費も含めると466億円もの巨額な税金が投入されることが明るみに出ると、もっと他のことにつかったほうが有効なのでは?と疑問の声も多くありました。

4月17日ごろからようやくまず妊婦用から配布が始まりましたが、汚れや髪の毛の混入など不良品が出る問題が噴出しました。今度はその回収に追われ、扱った業者名の公表をするしないで国会でも問題になるなど後手後手に回る羽目になったのです。
そんなことで配布時期はどんどん遅くなり、いつになれば届くのかといら立ちの声も広がりました。
写真 2020-05-21 9 37 11

ゴールデンウィークが明けたころから、店頭にマスクが売られる光景が徐々に増えてきます。そして、5月中旬になると、今度はマスクの価格がぐっと下がってきました。一時1枚100円以上していたのが、50円ほどになってきたのです。50枚入のパッケージが2500円でも店先には山積み状態でさばけない状況になってきたのです。これは中国国内でコロナ問題が少し収まり、マスクの供給が国外向けにも動き出したという理由なのでしょう。
また、あまりにもマスクが手に入らないため、みな知恵を絞り、お手製のマスクなどでしのいできたことも影響していると思います。
そんな中、5月14日には国が8都道府県を除く県の非常事態宣言の解除が発表されました。
そして5月20日マスクが届いたというわけです。しかし、まだ手元に届いていない世帯も多いと思います。私は幸いコロナの問題が出る前に150枚ほど購入していたのでマスクは足りています。どうしたものかと思います。今のところ不足していません、とはいえ我々の税金でいただいたものですからぞんざいに扱うべきではないと思います。何か有効的に使うことを考えなければいけませんね。

時間がたちすぎて「アベノマスク」の存在を忘れてしまっているご家庭もあるかもしれませんね。
僕は正直忘れかかっていました。
4月中のタイミングで全戸に配布出来たら、称賛の声が挙がったことでしょう。ちょっと遅すぎたのが残念に思います。
こういう時はスピードが大切です。また、このマスクがいきわたっていなくても感染が収束に向かっている事実を見ると、マスクの必要性よりも他の防止策の方がはるかに重大なことがわかります。

今、この時点で言えることは、とにかく検査数を増やすこと、医療関係に税金を投入することが最も適切だったと思います。そして、データを速やかに開示していただくことが重要だと専門家の方はおっしゃっています。

まだ、このウィルスとの闘いは続いています。多くの専門家の方々が感染の第2波に備えることを繰り返し提唱されています。今回、多くのことを学んだわけですから、次は国民が納得できる施策で臨んでいただくことを望みます。


このページのトップヘ