舘祐司の気ままなブログ

2018年11月

11月13日に鳥取にあるスポーツジムにて岩瀬仁紀投手の引退セレモニーが行われたそうだ。
11818455

司会を務めたドラゴンズOBの山本昌氏が「鳥取ワールドウイングで 岩瀬仁紀投手の 記念式典が行われました。 私は沢山の方々の前で人生初の 司会をさせて頂きました。 イチロー選手(本物)がサプライズ で登場したりゲストの方々から いろんな話が披露されたりして 大いに盛り上がりました。 現役選手も来てくれましたし 盛会で良かったです。」とツイートしていたそうだ。
Z3BqLmJHTzJJQ

index

エッ、イチローが!とちょっと驚く出来事だが、(本物)と注釈しているところがいかにもその驚きぶりを物語っている。
Z3BqLjBIN2F

セレモニーは屋外で行われたのだが、野球帽にトレーニングウェアで現れ、箱に入ったプレゼントを本人に渡すと肩をポンポンと叩くと、風のようにその場から去っていったという。
911c9720

7436bd83-s

222167e1
(がんばれドラゴンズTVより)
なんという粋な男なのだろう。はるばるこの鳥取まで来ておいて何も語らずに数秒で消え去るとは、並みの男ではないことが改めてわかる。

このスポーツジムはイチローも含め多くのプロ野球選手がトレーニングを行うことで知られている。
maxresdefault

いやあ、それにしてもかっこよすぎる、イチロー。
岩瀬投手には最高のプレゼントになったのではないだろうか。

昨日、栄ラシックにてふらりと入った雑貨屋さんで面白いものに出会いました。

これです。↓
6B490E0F-2893-4BAB-BD3E-1B9BEFA9D86D

単なる犬のぬいぐるみのようですが、これが凄いんです。

店頭にディスプレイしてあり、「話しかけてみてください」とあったのでとりあえず「ワン」と話しかけると、なんと「ワン」と少し高い声で返してきました。しかも首から上の頭の部分が動きます。ほかにもいろいろ言葉をかけると、ほぼ忠実に返ってきます。まさにオウム返しのようです。

これは面白いと、妻と二人で大笑いです。すっかりとりこになってしまい、衝動買いです。
40216455_1923144421315584_8624507148671336431_n

いろいろ仲間がいますが、ディスプレイしてあったこの犬の子が何となくかわいかったので、この子に決めました。「マイムフレンズ」という商品名です。
5345E067-7CBB-40F9-A5EA-5DDA03341265

小さなお子さんからお年寄りまで愉しめると思います。独居老人の方や認知症の方にもきっと受けるおもちゃだろうと思います。
43779422_1741414412637123_2945975326007353928_n

ほとんど間髪入れずに返ってくるミニチュアやまびこのようで、笑いが起こること間違いなしです、ちょっと高い声になるところや首を振るところなどよくできています。
D8A5AC85-0422-4958-9405-D61184944020

寂しがり屋さん、ちょっと落ち込んでいる人なんかモヤモヤが一気に吹っ飛びますよ。
44451565_1234563766683520_76039106592734629_n

前回はポール・マッカートニーをご紹介しました。ビートルズといえば、イギリスのリバプール出身です。リバプールつながりということで今回はカプリコーンの「ハロー・リバプール」をご紹介します。
img_2

カプリコーンはイギリスの女性一人男性二人のポップスグループです。この曲がデビュー曲でした。
元々はテレビ番組の主題歌だったそうですが、ファンの要望によりレコード化されたそうです。しかし、本国ではあまり売れなかったようですが、日本ではスマッシュヒットとなりました。

「♬ハローハーロー♬」で始まるこの曲、とっても懐かしいです。

翌年、日本で行われた第3回世界歌謡祭では「恋のフィーリング」でグランプリに輝いています。
日本でカプリコーンが一気にブレイクした年です。日本のファンにマッチしたのですね。

女性ボーカルのスー・アボリーはこの時19歳と大変若く、透き通るようなハイトーンが魅力的な歌姫です。

それではお聴きください。

大谷翔平選手がアメリカンリーグの新人王に選出されたというニュースが入った。
index

非常に素晴らしいことで、日本のファンにとっては喜ばしいニュースである。聞けば、2位の選手に大差をつけての圧勝だったらしい。最も凄いのはフルシーズン試合に出ていたわけではないのに、選ばれたことだ。それだけ投手と野手の「二刀流」という稀有なサムライがアメリカの記者たちの度肝を抜いたのだろう。
GettyImages-965807832-770x515

投手では10試合に登板し4勝2敗、野手としては114試合に出場し本塁打22本、打点61、打率は285という成績だった。本塁打に関しては5試合に1本というペースだ。フルに出場したら30本を越えていたかもしれない。今年のア・リーグの本塁打王は48本と遠く及ばないが、今年初めてメジャーの投手と対戦してこの成績ということは今後大いに期待ができるように思ってしまう。ましてや来年は野手一本でいくとなれば、バットマンレースに加わることになるかもしれないのだ。
img_59917b1be762167c5061e19970692c4b245690

イチロー選手は数々の記録を作ってきた、もう彼を越える選手は今後現れないだろうと言われてきたのだが、もしかすると大谷選手がその候補者になりうる可能性が出てきた。タイプが違うため単純に比較をすることはできないが、いろんな場面で比較対象になってくるように思う。
現在24歳という年齢から考えると今後最低10年はプレイできるだろう。
そんなことを想像するとワクワクせずにはいられない。

今、アメリカの子供らは大谷選手をまねて「二刀流」に挑戦する子が増えているらしい。すでに子供らのヒーローとなっている。いつの時代も一流のスポーツ選手は、子供らの憧れの的だ。

来年からのさらなる活躍を期待したい。
mig


時代とともにいろんなことが移り変わっていきますね。
育児についてもたくさんそういったことがあるようです。
state-of-child-rearing-of-the-past-and-now

初めての子育ては、年長者の方のアドバイスを聴きながら行うというのが昔の常でした。
しかし、今はネット社会であふれるほどの情報が簡単に入手できます。

タイトルに書いたように「昔の常識は今の非常識」ということを、知っておいたほうがいいと思います。
ちょっと調べてみました。(育児ログより引用)
normal

昔は赤ちゃんが泣いた時など抱っこばかりしていると「抱き癖」によって泣き止まなくなるとか、甘えん坊に育つと言われていました。しかし、現在では赤ちゃんが泣いたらどんどん抱っこして抱き癖を付けた方がいいとされているようです。抱っこすることで赤ちゃんのストレスが軽減され、感情表現が豊かになり親子の愛着関係が深められるというメリットがあるそうです。甘えん坊になることとは関係がないそうです。

昔は母乳よりも粉ミルクが推奨されていたそうです。今では母乳の方が栄養バランスが高いだけでなく、免疫成分が含まれているため母乳育児が推奨されているそうです。

昔は生後3~4か月後あたりから果汁を与えるとよいとされていました。今の育児では生後6か月未満の乳児に果汁を与えるべきではないとされ、離乳食前の果汁摂取は必要ないということです。

昔は産後6ヶ月以降の母乳は栄養が下がるため生後5カ月から離乳食を与えるといいとされてきました。
しかし今の育児では、6か月以降も栄養価が下がらないことがわかっているため生後5~6カ月を過ぎてから離乳食を開始するよう指導されているそうです。

昔の育児では、離乳食は親の口で咀嚼(そしゃく)して、十分にかみ砕いてから赤ちゃんに与えるということを推奨されていました。そのためスプーンも共用のものを使用していました。
今の育児では、離乳食をすり鉢などで十分にすりつぶして与えるのが当たり前だそうで、親が咀嚼して与えると虫歯菌の感染原因になるそうです。

そのほかにも1歳までに断乳するとされていたのが、自然に母乳を飲まなくなるまで授乳を続けることが推奨されていたり、あせも対策でベビーパウダーを使わずベビーローションやベビーオイルを使うのが常識と変わってきているようです。
また、昔は沐浴の時片手で両耳をふさいで入れたりしました。僕もそれをした覚えがありますが、今では耳をふさぐ必要はないとされています。無理にふさぐと赤ちゃんの内耳や鼓膜を傷つける原因になったりするそうです。万が一多少のお湯が耳に入っても中耳炎になることはないと言います。

そのほかにもまだいろいろとありますが、このように育児方法が変化しています。
昔取った杵柄で、「昔はああだった、こうだった」はもう通用しません。
20160512-saimata1-500x357


もしママが姑さんから昔の方法を勧められたときは、いったん軽く聞き流し、後でパパに一肌脱いでもらい、「あれ俺がそうさせてるんだけど」とでも言ってもらいましょう。とアドバイスされていました。

あまりムキになって関係がこじれても困りますからね。
ママもその周囲の人たちも赤ちゃんの健康や命に係わる最新情報をしっかり押さえつつ、固定観念を捨てストレスの少ない育児を心掛けるようにすることが良いようです。

このページのトップヘ