舘祐司の気ままなブログ

2017年11月

インテックス大阪にて教育関連の展示会が行われています。
15EB7139-26E8-494B-B5FA-84F49F9981D9

取引先の出展もあり、情報収集に行ってきました。

若干専門的な内容になってしまいますが、お許しを。

EPSONブースで面白いプロジェクターを発見、超短焦点タイプですが、レンズが特長的です。
従来ないアイデアで用途が広がります。
6014545C-B435-4092-BD7A-D4D084A14BBF

KIC SCREENブースでは照明が明るいところでも白飛びせずに美しい映像が観れるスクリーンの展示がありました。
47C28D03-86D6-4E9E-BAAD-748A7E451E1C

ハイコントラストなモデルで一目瞭然で左右の違いがわかります。
21725BE1-8669-4F72-AB0E-ACDA123F7BC9

コストは通常より上がりますが、色の再現性、見易さなどメリットも多いです。
88E1BE5C-FFB6-4674-B7D6-085A2E9F5881
海外製の生地で、光の反射角など細かな研究がなされています。
スクリーンに関しては海外の方が日本より進んでいるようです。

他にも短焦点プロジェクターとの組み合わせで張り込みタイプのスクリーンの展示もありました。
164BE709-AE09-44EA-8F37-90E795F2DAFF

リア投影の展示です。
最大250インチサイズまで作れるそうです。
39A0EB34-9DB7-4DBE-9FCB-64B43C911873
ここでも先ほどのEPSON社のプロジェクターが使われていました。
やはり今注目の機種ですね。

少し変わったところでは、ロボット教室を日本全国で展開されている展示です。
決まったパーツを使ってロボットを作成することを教えています。
47都道府県、全国で1100教室もあるんですって、知りませんでした。
954C8939-558A-4C17-AB22-B3257F623C82

この怪獣のようなのがベースになるモデルだそうです。
このモデルからパーツからどのような動きを作れるかなど学習していきます。
81699950-2026-45DE-A31D-4DD0E8732ED8

小中学生が創作したロボットが数多く展示されていました。
当たり前ですがどれもちゃんと動きます。
D280CC55-57BE-44E1-A971-C23F68701A69

ユニークな作品がありました。
A936A153-221A-42B8-8C5C-36F3B2643625
鉄棒のさかあがりロボットです。動画でお伝えできないのが残念ですが、じわじわと上がって行くところはなかなかリアルに出来上がっています。
ネーミングも可愛いですね。擬人化しているところも何か愛着がわきます。

子供らが工夫して作ったロボットはどれも夢があって見ていて楽しくなります。
A908799F-080A-432F-B4A3-D5284B4D62D3

ロボットの第一人者、あの高橋智隆さんが監修されているということで、ロボット界では最高のお墨付きをもらっています。
FBF2F9EB-9668-4FE3-AD5C-B19636F4B6C9

将来、第二第三の高橋さんが生まれてくることを期待したいですね。

 

一昨日「名古屋市営地下鉄が誕生して60年」になったと夕方のニュースで伝えていました。
6BAD3856-304C-4B00-BAD5-13FF30BEE59A

EB8ADECD-47F4-422D-BC89-CA8E44022CC0

今から60年前、僕が生まれる3カ月ほど前に開通していたんですね。

その頃は名古屋の街は市電が道路を我が物顔で走っていました。
9D1EC962-AEB9-4200-BFDB-067FD9093FCB

こどものころは市電に乗るのが大好きでした。
5906nagoya010-600
車窓から走る車を見るのが好きで、特にいすゞのコンテッサがお気に入りでした。

しかし、自動車が増加し始め昭和29年に地下鉄工事が着手されたそうです。
今考えればかなり早い段階で地下鉄導入を決めたと思います。
もちろんその選択に間違いはありませんでした。

そして昭和32年11月15日東山線名古屋~栄町間2.4㎞が開業したのです。
9685D8D9-1F7C-4645-B4C8-9B9121DEACF2

当時の切符、運賃は15円です。
F13EF728-63AC-4F1A-955F-B26E36120AD8

まだ慣れていない市民にアピールするためでしょうか、「地下鉄試乗券」なるものもあったそうです。
4F03F0CE-3A20-4AB9-99F5-45DE430C75C1

地下鉄開業に伴い、「ナゴヤ地下街」が誕生しました。
64B83DB6-3CCA-4F1D-A54B-B81BCF125478
ものすごい人だかりです。まだ着物姿の方もおられて時代を感じますね。

新聞でもしっかり宣伝されていたようです。
8EB130BB-4D97-4A1E-9E6C-8E077F585467
9495B833-6DE3-4DBA-8C7B-CF53E6BD9887

1967年当時今の「三越」は「オリエンタル中村」でした。
img6891
東山線は名古屋~星が丘まで延伸しました。
名城線(当時の名称は南北線)は金山~市役所間だったんですね。
img693
img691

その後東山線は1969年に藤が丘まで延伸しました。
2B8CC223-09B2-4EFD-8984-BA5DCCD20FA7

今では考えられませんが、周りには何もありません。
2FFD1544-EC54-42A4-A463-CAE7C6C6DDCC
いつ家が建つのかと思っていたら、5,6年で街ができたそうです。

ナゴヤの地下鉄には幻の路線があったそうです。
BE934154-2817-4909-A7BB-15CA47606C8C
笹島から高針橋までを結ぶ東部線です。

しかし2009年に凍結されたようです。既存路線と重複区間が多いというのがその理由です。
91C3AB34-1E15-47EA-B8B5-208FAEF7F6E0

確かに東山線と並行しています。
しかしバイパス的な感じになり東山線の混雑はかなり緩和されるのではないかと思います。
高針橋から東の路線も気になるところです。

名古屋市営地下鉄は今や私たちにとって欠かせない市民の足となっています。
今後も安心して乗れるよう、安全に運行を継続してもらいたいです。

また、60年前のホームは老朽化が進んでいますので、何か新しくリニューアルできれば最高ですね。
TRF0012618



「イタリアがW杯の予選で敗退!」11月14日ショッキングなニュースが世界に響いた。
96958A9FPB1-2

イタリアが予選で敗退したのは60年ぶりのことだそうだ。

最後のプレーオフではスウェーデンと引き分け、初戦で敗れているためついに決定してしまった。

ブラジルの5回に続き、ドイツと並ぶ過去4回の優勝を誇る名門イタリアがまさかの結果である。
欧州予選の結果は以下のようになった。

▼W杯出場国
※出場枠13+1(開催国ロシアは予選免除)
ロシア(2大会連続11回目)
ベルギー(2大会連続13回目)
ドイツ(17大会連続19回目)
イングランド(6大会連続15回目)
スペイン(11大会連続15回目)
ポーランド(3大会ぶり8回目)
アイスランド(初出場)
セルビア(2大会ぶり12回目)
フランス(6大会連続15回目)
ポルトガル(5大会連続7回目)
スイス(4大会連続11回目)
クロアチア(2大会連続5回目)
スウェーデン(3大会ぶり12回目)
デンマーク(2大会ぶり5回目)

大体は順当な顔ぶれだが、目を引くのは初出場のアイスランドだろう。
本来ならイタリアが名を連ねていたはずだ。

イタリア敗退については、あの「無敵艦隊」の異名をとるスペインと同組だったことが原因の一つと言われている。
最後にスウェーデンと争うことになったのも不運だったかもしれない。というのはイタリアは堅守のチームだからだ。引いて守られてしまうとなかなか点を取ることは難しくなる。得意とするカウンター攻撃が封じられてしまった形となった。CKの時などスウェーデンチームは全員がペナルティエリア内に立ちゴールを守ったという。
393c0f97-6e7f-5d1d-0532-d8acb386c2a5

また、イタリアとともにオランダも予選敗退組になってしまった。
くしくもスウェーデンと勝ち点で並び得失点差で敗れた。
オランダの前にもスウェーデンが立ちふさがった格好だ。



我が日本チームは先日ブラジル、ベルギーと格上チームとの親善試合では連敗している。
AS20171110005143_comm

ブラジルとの試合の前半はテレビ観戦したが、解説者がしきりに選手に対し「疲れているのか、全然ボールに行かないですね」と言っていた言葉が少し引っかかる。
本番じゃないから全力で行っていないのか、真意はわからないが、見ていても覇気が感じられなかった。
spo1711100052-n1

日本もアジアでは6大会連続で代表になっており、常連チームとなった。
そろそろ大舞台で世界が驚くところを見てみたいものだ。

来年6月にロシアで初めての開催となる。もうあと半年と少しでお祭りはやってくる。


連日報道されているように実におぞましい猟奇的な事件が起こりました。

犠牲になられた9人の方、そしてそのご家族の方は本当にお気の毒なことだと思います。
私も2人の娘を持つ親として心が痛みます。

ただ1点府に落ちないのが、どうして素性の知れない男の自宅に行ってしまったのか 、ということです。
昔から子供には「知らない人について行っちゃダメ」 とどこの家庭でも注意されてきたことと思います。

SNSで数回メールのやり取りをしただけで信用してしまうなんて 、そのことにまず驚かされます。

今回の事件、SNSがきっかけになり重要なポイントになっています。
規制が必要だというような議論が始まっています。 
確かに「自殺」 というキーワードからそれを助長するかのようなものはしっかり監視して行くことが必要だとは思いますが、規制をかけるという方向は少し違うのではないかと思います。
それは言論統制にもつながり、アジアの大国と似たようなことになってしまう恐れを感じます。

あくまでも悪の根源はSNSではなく、犯人の男です。

また今回のことで、若者の自殺願望者が多いことに改めて気付かされます。
そして、親や友人に相談せず、身も知らない人に相談に乗ってもらっているという現実にも驚きます。

日本の年間自殺者数は 2016年で22000人弱、2003年の34400人をピークに減少傾向にあるようです。
世界で見れば自殺者の数は8番目だそうです。 
また、15〜39歳の年代別では死因のトップが「自殺」 で、15〜34歳の若い世代で自殺が死因の1位となっているのは、先進7カ国では日本のみだそうです。
2AB78E70-ACEB-4404-95F7-06E661D1DB98

自殺死亡率というデータがあり、世界ランキングで日本は18位、 ロシアが16位、深刻なのは韓国で4位という記録があります。上位を占めるのはヨーロッパの旧社会主義国家が多いです。
72F0EA13-944D-4DC5-A5CD-BD15449B2250


事件のことに戻ります。
犠牲になられた方の実名や顔写真が報道されています。
このようなことも必要ないと思います。
ご家族の心境からいえば「そっとしておいてほしい 」と思われているでしょう。
ただでさえ深く暗い悲しみの中にいるのに 、二重三重にストレスを与えているとしか思えません。
報道する側はそれが仕事だと言わんばかりにしゃかりきになって取材していますが、もうそろそろ社会全体で被害者保護に取り組んでもいいのではないかと思います。

自殺者が2万人ほど出ている現状ですが、その10倍は予備軍が存在しているのではないかと思います。 
その状況を作り出している日本の社会も問題です。
しかしこの社会状況を変えることは容易ではありません。
であるならば、せめてそのような予備軍の方々の受け皿になるような相談窓口であったり、そういう人たちを一時的に保護するシェルターのような施設を考えることが必要ではないかと思います。

巨額な武器を購入することを思えば、わずかな予算で多くの命が救われるかも知れません。 

経済大国といっても国民の心が病んでいては何にもなりません。
心豊かな生活が営める国こそが真の「美しい国」 ではないかと思います。

ネット社会は後戻りできません。
自分自身でしっかりと守って行くことが大切です。
また、相談する時はきちんと素性の知れた方を頼ることです。
命を粗末に考えてはいけません。



 

ジェームス・テイラーの名作「きみの友だち」を今回は選んだ。
hqdefault

この曲はキャロル・キングの作品で1971年にカヴァー曲としてリリースすると大ヒットし、彼の代表曲となる。

ジェームス・テイラーは1948年米国マサチューセッツ州ボストンで生まれた。

index
1970年に発表した「スィート・ベイビー・ジェームス」がヒットし脚光を浴びることとなった。

1972年に前回紹介したカーリー・サイモンと結婚しそののち離婚している。
hqdefault

1981年にリリースされたこの「ダディーズ・スマイル」を当時購入した。
41yb+7prjUL

優しい彼の歌声にはとても癒される。のちに名盤として高い評価をうけているそうだ。

0d61615073f7131cc1de9bec3645d606

そして現在に至るまでも現役を続けているようだ。
james_taylor

img_2

それでは「きみの友だち」をどうぞ。
 




このページのトップヘ