先日このブログで紹介した「ペッパー導師」がエンディング産業展にきていました。
IMG_9691



多くの人が集まっていました。
IMG_5586


米国のテレビクルーも取材していました。
IMG_9690

説法も披露していました。結構長くてもう少し端的にまとめてくれるといいかな(笑)

この企業の方と少しお話しできましたが、「ペッパー導師」ばかり注目を浴びて少し戸惑っておられました。

軸は「葬儀の IT化」を提案しているとのことで、例えば式場に参列できない人がスマホから香典を送ることができたり、喪主から一定の方に訃報連絡をメールで飛ばすサービスだったり、WEBを活用して効率化を図りませんか?というようなことです。

面白いなと感じたのは、ペッパーくん自体は新しいものではないのですが、葬儀業界で扱われると大注目になっていることです。お経を読むペッパーくんというところがメディアから見れば美味しいネタなのかもしれません。

一般的な社会とは少し時間のズレがあるように思いました。