さてこのシリーズ節目の30回目を迎えました。


30回目にふさわしく今回は音楽界の巨匠ポール・マッカートニーの初めてのソロシングルを紹介します。
「アナザー・デイ」です。
paulanotherday

もともとポールファンだったのでこのレコードはすぐに買いに行った記憶があります。
何回も何回も繰り返し聴いていたので自然に歌詞が頭に入っています。


皆さんご存知のように1970年ビートルズは解散しました。
厳密にいうと1970年4月10日にポールが脱退を表明し、そのわずか1週間後にソロアルバム「マッカートニー」を発表します。ビッグニュースとともにアルバムは好調な売れ行きを示しますが、ジョン・レノンから宣伝に利用したと非難されマスコミからも酷評されたようです。

そんなドタバタもあったようですが、音楽の才能に溢れているポールは精力的に曲を発表していきます。
img_0

同じ年に「出ておいでよ、お嬢さん」そしてウィングスを結成し、その第1弾が「アイルランドに平和を」です。
img_2_m

この曲は政治的な色が強く、イギリスでは放送禁止になりました。
このレコードも持ってました。ああ、懐かしい。

そしてウィングスは次々にビッグヒットを発表していきます。
0-080415-01


「メアリーの子羊」「ハイハイハイ」「マイラヴ」007の「死ぬのは奴らだ」の主題曲もありました。
20110290

「ジェット」「バンドオンザラン」いつもヒットチャートを賑わせていました。
img_1 160422-00


そのポールも現在75歳です。しかし2017年4月にも日本公演を開催して健在ぶりを示しています。
超人ですね。

ポールの優しくて繊細なヴォーカルをお楽しみください。「アナザー・デイ」