今日2月24日です、あと3日、つまり27日は僕の58回目の誕生日です。
このくらいの年齢になるともう「おめでとう」とか言われてもあまりピンときません。

なんか「めでたいのか何なのかよくわからない」というのが正直なところです。

しかし、いやでも年齢は確実に重ねていきますし、妻から改めて言われましたが、ふと気づくとあと2年後には「還暦」という時を迎えます。
「ちょっと考えられない」感じなのですが、これも長い人生においてはひとつの通過点なのかな?

ということで僕の誕生日の前夜祭的な食事会を木曽路で行いました。

ちなみにこの写真の撮影者は真澄店長さんです。(写真撮るの忘れました)


たまにこういう機会をつくるのもいいものです。
普段あまり話さないようなことを話すことができてとても有意義な時間を過ごすことができました。

この食事会の発起人の妻とそれに付き合ってくれた娘には感謝感謝です。

家族との会話が生きる糧になるみんな一度の人生だもの