先週の金曜日、2月24日から「プレミアムフライデー」が始まりましたね。
月末の金曜日が対象になるようです。
20161212001-a
推進協議会が設定したロゴです。(これ必要でしょうか?税金の無駄使いのような気がしますが)

経済産業省の旗振りで「プレミアムフライデー推進協議会」なる団体が設立され、なし崩し的に始まった感のある「プレミアムフライデー」ですが、謎があります。

まず最初に目的がいまいちよくわかりません。
「金曜日早めに仕事を終え有意義な時間を過ごしましょう」というような触れ込みですが、ニュースで紹介される映像と言えば、「みんなで飲み会」というパターンが一番目立っていました。
飲み会なら3時に終業しなくても日常的によく行われていますよね。


ネットでは、「金曜日の3時退社は就業規則に反するのでは?」という指摘もありました。
フレックスタイム制を採用している企業であれば問題ありませんが、固定時間制のところは確かにそうかもしれません。

また、就業規則に9時~18時とうたわれていれば、3時間分不足する分の給料が差し引かれてもおかしくないのでは?ということも懸念されています。正確には私もわかりません。
もしくはその3時間分をほかの日に労務すれば帳尻はあうのかもしれませんが、ならば必要あるのか?という疑問が湧いてきます。

そして、一部の企業以外はおそらく実施不可能ではないかということも指摘されています。
まずサービス業は基本的に無理です。お客様を迎える側ですから。

そもそも「プレミアム」という言葉ですが、「上質な、上等な」という意味があり「正規な料金の上に加えられる割増金」という意味もあります。・・・「上等な金曜日」って何でしょう?意味不明です。

最近はやたらに、「プレミアム」という言葉が使用されており、やや反乱気味だという声もあります。

一部の業種には経済効果が見込めるかも知れませんが、全体で見ればそれほど大したことはないような気がします。

先ほどの就業規則の問題をどうするのか、あまりそのようなことは報道されていませんが、いずれその問題に焦点が当たるのではないかと思います。

たくさんの方がハッピーになる施策は大いに歓迎ですが、今回はそうではないところが気にかかります。
果たして1年もつかな?これも疑問です。