元デュオグループ「ワム!」のジョージ・マイケル氏の死亡をニュースで知りました。
IMG_5372

享年53歳とのことで、本当に早すぎる旅立ちです。

 「ワム!」は1980年代に一世を風靡したデュオグループです。
その後1986年に 解散しますが、ソロヴォーカルとしても名を馳せました。
IMG_5371

ソロになってからの大ヒットCDがこの「Faith」 (フェイス)です。僕も持っています。
IMG_5370
世界で1500万枚セールスしグラミー賞の最優秀アルバム賞に輝きました。


1つ思い出があります。
それは「ワム!」時代名古屋でライヴがありたまたまチケットを入手したのですが、仕事の関係で行くことができず、今の妻に譲り代わりに見に行ってもらいました。

 人気絶頂の頃でしたから、初っぱなから会場は大盛り上がりだったそうです。
1985年、会場は名古屋市公会堂だったようです。
ここは音響がいいし、狭いのでさぞ近くで見れたことでしょう。 

以前にも書きましたが、ライヴパフォーマンスはオンリーワンですから貴重で価値の高いものだと思います。


しかし2016年は1月のデビット・ボウイさんに始まり、多くの海外の大物ミュージシャンが天国に召されました。
2月にイーグルスのグレン・フライ氏、アース・ウィンド&ファイアのモーリス・ホワイト氏、4月にはプリンス氏、 そして11月にはレオン・ラッセル氏という具合です。
昨年になりますが、12月31日にはあのナタリー・コール さんもご逝去されています。

皆さんその一時代を築かれた方ばかりで、とても残念です。

特に、今回のジョージ・マイケル 氏はまだ53歳という若さ、まだやり残したことがあったのではないかとお察しします。

しかし、ミュージシャンの方々は生前に創造された"音楽 "がいつまでも残り続けます。

クリスマスに天国に召されたジョージ・マイケルさんを追悼し、この曲を選びました。
ワム!で「ラスト・クリスマス」…本当の意味で最後のクリスマスになってしまいました。