舘祐司の気ままなブログ

先日、ドコモの吉澤社長が携帯料金を従来より2~4割値下げすると発表しました。
PA311003

かねてから総務省から携帯電話会社はもうけすぎではないかと批判の声があり、菅官房長からも「携帯電話利用者への還元が足りない」と発言があり問題視されていました。そういった政府からの圧力でようやく重い腰を上げたようです。
bsb1810201951004-p1

世界の市場では、ここ数年の間に格安スマホと言われる事業者がこれまでの料金を大幅に押し下げ、シェアトップの事業社がそれに追随することで激変しているようです。
bsb1810201951004-f2

2007年にiPhoneが登場して以来、世界の携帯電話市場は一変しました。日本でも2012年時点でガラケー約7割、スマホが約3割だったのが、2013年にスマホが逆転し、2016年にはガラケー3割、スマホ7割となりました。2018年の現在はそれ以上にスマホ率が上がっていることでしょう。
高齢者のスマホ率が低いとされており、2016年に60代のスマホ率が3割程度だったのですが、2018年にはついにスマホが56%となりスマホ普及率が上回りました。

若年層からスマホ普及を推進しているのはSNSの存在だと言われています。twitter、インスタグラム、LINEなど、若者に人気のSNSはスマホでなければ使い勝手が悪く仲間と一緒に楽しむことができません。中でもiPhoneの人気が高く約7割の人が使っています。アンドロイドは3割と日本では圧倒的にiPhoneに人気が集中しています。しかし、世界シェアでは、逆にアンドロイドが約7割、iPhoneが2割その他が1割という比率でアップルは苦戦を強いられているようです。

大ざっぱには、北米、中南米、オセアニアではiPhoneの率が高く、ヨーロッパ、ロシア、中国などアジアではアンドロイドが強いようです。ヨーロッパでは唯一イギリスが、アジアでは唯一日本だけがiPhoneという勢力図になっています。人口の多い中国、インドでアンドロイドが支持されているのが大きく影響しているようですね。本体の料金差もかなり関係していると思います。

スマホは電話というよりもモバイルネット端末という位置付けで利便性を発揮しています。数多く存在するアプリケーションがその可能性を広げています。

ドコモの料金改定に戻りますが、2019年から開始される見込みです。新料金プランに変わることでユーザー還元額は4000億円規模になるとされています。
また、携帯の料金プランは非常にわかりにくいですが、そのあたりも改善されるようです。
このドコモの発表によりその他の携帯大手も追随することになるでしょう。

料金が下がってさぞ歓迎の声が聞かれるかと思いきや、結構厳しい声が上がっているそうです。それは、キャリア乗り換え新規ユーザーには手厚いサービスが用意されている一方で、長期ユーザーにはあまりメリットがない現状のやり方に、「いい加減にしてほしい」という意見が多数上がっているとか。

携帯料金の値下げは世界の潮流のようです。ひとまずはようやく日本もその波に乗れそうなので、それについては一定の評価をするべきだと思いますが。


先日受動喫煙防止条例について下記のような報道がありました。(YOMIURI ONLINEより引用)
20181030-OYT1I50013-L

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
兵庫県の受動喫煙防止条例を見直している有識者委員会が、全国で初めて「家の中」や「自家用車内」などの私的空間でも子供がいれば全面禁煙を義務づけるよう近く県に提言することがわかった。家の中は罰則対象から外すが、自家用車内での違反には罰則を科す異例の内容だ。受動喫煙から子供を守る流れの強まりといえる一方、私的空間の規制には反発も予想される。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これまで公共施設や一部の飲食店などで禁煙化の流れはありましたが、このような私的空間にまで罰則規定を設けるのは初めてのことですので、多方面から賛否両論の声が上がることは必至だと思います。

基本的な考え方は、子供を受動喫煙から守ろうという動きです。飲食店はともかくとして、狭い車の中ではいやでも吸引してしまいますから、よくないことは明白です。しかし、喫煙場所がかなり限定されている昨今、喫煙者にとっては貴重な喫煙場所である車の中まで規制となると喫煙者の方々はますます喫煙スペースが減少します。

人ごみの街中で喫煙している人はさすがに見かけなくなりました。喫煙者のマナーは向上しています。電車の中や駅でも禁煙となって素晴らしく環境はよくなったと思います。
ただ規制をかける一方で、合わせて喫煙場所の確保が必要です。喫煙者はある程度我慢を強いられているわけです。喫煙場所が少ないと違反者が発生することも考えられます。

全面禁煙に踏み切ったある居酒屋さんの写真をたまたまネットで見たことがあります。その写真はお客さんがほとんどなくがらんとした店内の写真でした。たまたまなのか、禁煙にしたためにお客さんが入らなくなったのかわかりません。しかし、社会全体が受動喫煙に対し厳しくなり、禁煙場所が増加していくことは間違いありません。
20180706-00088336-roupeiro-000-9-view

やれやれ喫煙者受難の時代となりました。私は今から30年前にきっぱりとタバコと縁を切りました。同世代の中では比較的早い方でした。そんな頃は30年後にこういう時代が来るとは考えてもいませんでした。早い時期にサヨナラして良かったです。
いまだにやめたくてもなかなかやめられないお父さん方、何か気の毒な気も致します。




プロ野球は、ただいま広島とソフトバンクによる日本シリーズの真っ只中である。2戦行い広島の1勝1分けでヤフオクドームへと戦いの場所を移す。

そんな中その他の10球団は来期に向けて、動きが活発になってきた。
巨人に4年ぶりに返り咲いた原監督は、コーチ陣を一掃した。村田、二岡、斎藤雅樹、井端、大西らが退任となり、代わりに打撃総合に吉村、投手総合に宮本、そのほか水野雄仁、元木大介、鈴木尚広らジャイアンツOBで固めた格好となった。ジャイアンツファンのみならず野球ファンにとっては楽しみな布陣でなないだろうか。

201810150012-spnavi_2018101500008_view

また、中日は与田新監督のもと新しいコーチ陣の発表があったのだが、顔ぶれには少し驚いた。
まずヘッドコーチに西武、ロッテで監督経験のある伊藤勤氏、投手コーチに阿波野氏、打撃コーチに村上隆行氏、赤堀氏、中日OBの中村武氏とフレッシュな首脳陣に変わる。1軍では波留コーチと奈良原コーチ以外はすべて変わったことになり、ほとんどパリーグ出身者となる。これだけOBが少ないのも珍しいような気がしてとても新鮮に映る。
2軍の方では今年限りで現役引退した荒木雅博氏、浅尾氏などが入り中日OBの門倉氏も復帰した。門倉氏は複数のチームを渡り歩き、海外などで多くの経験をしているだけに、若い選手たちにどんな指導をされるのか楽しみなところである。
20170330-00069326-roupeiro-000-6-view

そして注目は、やはりヘッドコーチを務める伊東氏だろう。
28430563_918702464971256_8886209746839797760_n
西武の黄金期に不動のキャッチャーで投手をリードし、引退後も西武、ロッテの監督を歴任している。WBCでのコーチ経験もありまさに百戦錬磨といっていい人物である。初経験の与田監督にとっては非常に心強い腹心となるに違いない。

野球ファンの多くから「巨人が強くないと面白くない」という声が聞かれる。そういう意味では、過去12シーズン中、7度のリーグ優勝に輝いている原監督への期待は大きいはずだ。
ドラフトではくじ運に恵まれず、どちらかというと将来を見据えた補強となった。即戦力をトレードに頼らざるを得ない原巨人は、大物釣りを考えているようである。日本ハムのレアード、広島の丸、西武の炭谷銀仁朗、オリックスの中島あたりを狙っているという情報があった。懐が裕福な球団だけにアッと驚くトレードが起きても何ら不思議ではない。
20181004-OHT1I50014-T

2018年のシーズンのように1強5弱では盛り上がらない。
野球ファンは最後の最後まで優勝を争うペナントレースを見せてほしいと願っているはずだ。

このページのトップヘ