舘祐司の気ままなブログ

もう1ヶ月ほどたってしまいましたが、7月の末頃から火星が夜空に赤く輝いていましたね。
何度もうちのベランダから見ていました。

大きくはっきりと見えて、本当に火星って赤いんだなあと改めてわかります。
なんでも火星は直径が地球の半分ほどしかなく、地球から遠い位置にある時は望遠鏡を使ってもなかなか観察することができないそうです。
しかし、2年2か月ごとに地球に接近し、観察の好機が訪れるそうです。このタイミングが今年の夏にやってきたという訳です。

国立天文台が出している図を見ていただくとわかりやすいですね。
about-s

ということで7月から9月の初めまでの間、火星が接近し肉眼でもきれいに見ることができました。

詳しく知りたい方は国立天文台のHPを参照してください。

先日の台風21号ものすごい強風で、各地に大きな被害をもたらしました。僕はたまたまその日出張で東京にいたため、名古屋ほどの風には遭遇していませんでした。

職場近くの志賀公園を歩くと、あちらこちらに木の枝が散乱しています。やはり風の影響が強かったことがうかがわれます。
C246A923-B9AC-4085-B6A4-8AB08D50B0A2

ぽっきりと折れてしまっている大きな枝がありました。
EF182BEF-3054-4CAE-9766-5E1008BA322F

元の木を見るとこんな感じです。
29FA7B31-F23E-46AF-B9E4-ECF77E6CD7DF

地元のボランティアの方でしょうか、枝が集められていました。
1B6670B3-E818-4F87-BF4A-EBFB6FC3E047

8273ECB3-15EB-4049-B913-6ABA05B0178E

葉っぱも相当落ちています。
8D07AD3B-44CE-481B-A4B8-B6A234B08128

すると何やら大きな木の根でしょうか?
020971CA-55C6-4E4B-870F-18ABB9F81221

わー、大きな木が根元から倒されていました。ざっと10m以上の高さがあります。
49565FD8-0246-4BED-A1FD-34962F308B17

これだけの木を倒そうと思ったら人の力ではおそらく到底無理でしょう。
改めて風の力のすごさを見せつけられます。
DCAE35E5-6542-47DC-9977-1342E967B0C8

F2440650-11C2-409F-89E2-EF77984030EE

そしてさらに、別な公園へ行くと15m以上はあろうかという巨木が倒れていました。
B94974A0-4384-4407-B933-F8A1291FC4D1

あまりの大きさに驚かされます。
FE5F8925-507F-497E-88F3-A06C9635D9EE
 
黄色いテープは役所の方が安全を考えて立ち入らないように配慮されていました。

 ここでもポッキリと枝が折れていました。
DEC85070-7AFB-454A-A03B-54F9FDA87EFC
 直径30cmほどある枝です、人の力では折ることはできないでしょう。
F559ED5B-869B-4707-B9F9-8A2D20E8777D

なかなかお目にかかれる。光景ではありません。 
ここ名古屋でもこんな台風の爪痕が残されていました。

関西地区の皆様そして北海道の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。



6日未明北海道千歳市の近くを震源とした震度6の大地震が起こりました。

朝からこのニュースで、各所から次々に映像が起こられてきます。
DyLNJv4_d

山の一部が崩れ家屋を飲み込んでいます。
道路はプラスティックがぐにゃぐにゃになったような格好でうねっています。
液状化現象で地下から泥や土が地表にたまって車のタイヤが半分ほど埋まっています。
13842

地下の水道菅が破裂して水が噴き出ています。
大規模な停電が起こり、街の信号機も点灯していません。

道路が破壊されると、救急車や消防車も行く手を阻まれてしまいます。場合によっては助かる人が助からないというようなことが起こる可能性があります。非常に危険な状況になっています。

夜中の3時過ぎに発生したと伝えられています。ほとんどの人が寝静まっている時間帯に起きた大地震は比較的被害が少なくて済んだともいえます。
もし昼間起こったら、多くの人が外に出ています。もちろん車や電車も動いています。

台風と違い地震は突如発生しますから、前もって準備のしようがありません。
またどこかへ避難する時間もないのです。

まさか2回連続でこのような大災害の内容をお伝えすることになるとは思いもよりませんでした。
地震大国日本であることを改めて思い知らされます。

台風21号の影響で関西空港の復旧のめどが立っていない中、千歳空港も使えなくなると日本の交通網が相当まずいことになっています。
北海道内は電車も止まっている状況で旅行者も動くに動けない状態のようです。

この平成最後の年は、大きな災害が続く年になっています。
いつどこで何が起こっても不思議ではないと、覚悟しておくことが必要かもしれません。



このページのトップヘ