舘祐司の気ままなブログ

お正月も、はや3日目になりました。

今年も、招福ねこ歴カレンダーとともに1年過ごしていきます。

カバ丸くんたちに癒されて。

さて2016年(平成28年)の十二支は申年ですね。

申年と言えば「見ざる聞かざる言わざる」という言葉をよく耳にします。

写真は世界的に有名な日光東照宮の「三猿」です

さて、この言葉の持つ意味とは何でしょう…?


「見て見ぬ振りをする」というどちらかと言えば卑怯な行動を意味するのでしょうか?…
あるいは「見逃してやる」という度量の大きさを意味するのでしょうか?…
いえいえそうではありません。

〜とかく人間は自分にとって都合の悪いことや相手の欠点を、見たり聞いたり言ったりしがちだが、それらはしない方がよいという戒め。〜(故事ことわざ辞典より)
というのが正しい意味だということです。

漢語の「不見、不聞、不言」を訳したものが天台宗の教えとして伝わったとする説があり、論語にも「非礼勿視、非礼勿聴、非礼勿言、非礼勿動」(礼にあらざれば視るなかれ、礼にあらざれば聴くなかれ、礼にあらざれば言うなかれ、礼にあらざればおこなうなかれ)という一節がある。〜Wikipediaより

ということで、「口は災いの元」などと申します。
余分なことは見ない、聞かない、言わない方が世のため人のためになるということかもしれません。


しかし、ブログではしっかりと発信していこうと思っていますので、どうぞ皆様応援よろしくお願いいたします。







自宅から徒歩20分ほどで行ける羊神社に初詣に行ってきました。

昨年は未年(ひつじどし)で全国で2ヶ所しかないということで注目が集まったこの神社です。

やはり1年前の人出とは全く違っていました。今年は並ばずにスイスイと神殿前に行くことができます。
同じ場所での写真を比べてみます。

2016年
2015年

2016年

2015年

2016年

2015年


今年は暖冬と言われているだけあり、とても暖かいです。
今日の名古屋の最高気温は12度です。
ちなみに昨年の1月1日は5度でした。寒い中40分ほど並んで参拝し、体が冷え切ってしまったことを思い出します。
こうして比べてみると空の色が全く違うことがわかります。

今年もいい年になりますように。

元旦や神の社に1人来て心静かにこうべを垂れる

image


娘お手製の我が家のしめ飾り



新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

初夢はご覧になりましたか?
僕は見ましたが残念ながら内容を覚えていません。

ところで皆さん初詣に行かれることと思います。
そこでおみくじを引きますか?
吉が出るとホッとしますが凶を引くとがっかりしますよね。

先日テレビ番組でおみくじについて情報を出していたので紹介しますね。

まず、「吉や凶の確率ってどうなってるの?」という素朴な疑問から入ります。
皆さんの感覚でどんな感じだと思われますか?
僕は凶の確率はとても少ない(数パーセント)というイメージでした。

しかし、約30パーセントほど入っているのだそうです。
これにはちょっと驚きました。
しかも「約」としたのは、神社によってバラツキがあるということです。
つまり20パーセントのところもあれば、30パーセントのところもあるそうです。
この確率はその神社の判断に任されているそうです。
「へえー、そうなんだ」…意外と知られていないのではないでしょうか。

また、万が一「凶」を引いてしまっても落ち込むことはありません。
よく凶の字を見てください、「メ」が出るので大丈夫です。(と宮司さんが言ってます)
よくないことがあるかもしれないので気をつけましょう、という注意喚起の意味合いがあるんですね。

そして、「大吉が出るまで何度でも引くぞ」という方、いますか?
これっていいのかな?…答えは…OKだそうです。
特に1回だけとかいうルールはなく、最後に吉が出て気持ちよく帰っていただければそれで良しとのことです。

その引いた後のおみくじって皆さんどうされますか?…よく木に結びますよね。
本来は持ち帰って日々の指針とするのが良いそうです。
また、神社によっては木に結ぶ事を禁止していたり、結ぶためのところを指定していたりするそうでその神社で確認して下さいとのことでした。

ついでにもう一つ、このおみくじですが山口県の周南市にある山あいの町で全国の60パーセントを作っているとのこと。内職の手作業で作られているそうです。


最後にお賽銭について、宮司さんから推奨の金額をお知らせします。
十五円…十分ご縁があるように
四十五円…始終ご縁があるように
一万円…「万円」が「円満」に通じる
逆にお勧めできないのは、
十円…遠縁
五百円…これ以上硬貨(効果)ない
とのことです。

いずれも語呂合わせです。
宮司さんはお気持ちがあれば、金額はそれほど気にされなくてもいいですよ。とおっしゃっていました。

普段はなかなか神社を訪れることないと思います。
一年に一度の参拝で1年間のお願いをするのは少々図々しいかもしれませんが、行かないよりはいいと思います。
それと、お願いだけをするのではなく、「1年間ありがとうございました」と感謝の言葉を必ず添えるといいと思います。

それでは、皆さんにとっていい年になりますように。(祈) 

年初め年に一度の神頼みドラマの行方神のみぞ知る


 

このページのトップヘ