舘祐司の気ままなブログ

前回のビリー・ジョエルの「素顔のままで」は男の哀愁を感じるとお伝えしました。

その哀愁の流れで、今回はイーグルスの「ならず者」(原題Desperado)を紹介します。
19A61DC8-3296-4F8A-80DD-58C464BF999B

イーグルスと言えばアメリカンロックの代表的なグループで、ドゥービー・ブラザーズと双璧の2大アメリカンロックの雄と言って過言ではないと思います。

僕は洋楽で誰が一番好きですか?と聞かれたら、「イーグルス」と「ドゥービー・ブラザーズ」と答えます。そのイーグルスで好きな曲は?と聞かれたら「ならず者」と即座に答えます。そのくらいこの曲はお気に入りなんです。
おそらくイーグルスのファンは多いので、この曲がお気に入りの方は大勢いらっしゃると思います。
なんと言ってもリードボーカルのドン・ヘンリーの哀愁を帯びた声が魅力です。

一応イーグルスのアルバムは全部持ってます。(LPレコードですが)
まあ、イーグルスもヒット曲は数多くあります。代表的なのは「ホテルカリフォルニア」でしょうね。イーグルスとしては後期のメンバー構成です。

初期メンバーは、ドン・ヘンリー(ドラムス、ボーカル)グレン・フライ(ギター、ボーカル)ランディ・マイズナー(ベース、ボーカル)バーニー・レドン(ギター、バンジョー、マンドリンなど)の4人でした。
78918C7A-5D64-4A21-B8A5-A8C8B3841AD5
(左からバーニー、ランディ、グレン、ドン) 
きっかけは、1971年にリンダ・ロンシュタットのバックバンド編成のために集められたことでした。
その縁で、そのままバンド結成となりイーグルスが誕生したのです。
73E0ABEA-6A8E-4A92-9F0F-17DE8CD3FAC7
ウェストコーストの歌姫、リンダ・ロンシュタット

デビュー曲の「テイク・イット・イージー」がいきなりヒットします。この曲はシンガーソングライターのジャクソン・ブラウンとの共作でした。続く「魔女のささやき」も立て続けにヒットします。

この「ならず者」は同タイトルの2枚目のアルバムに収録されています。この当時はどちらかというとカントリー音楽の色が強いロックでした。

しかし、まだこの時はのちに伝説となる「ホテルカリフォルニア」の影も形もありません。
この先はまた、別の機会に紹介したいと思います。

それではイーグルスの1973年2枚目のアルバム「ならず者」より「ならず者」をお聞きください。

今年最初の招福ねこ歴カレンダーです。また今年もカバ丸よろしくお願いいたします。
A91CA557-0AD1-4907-BFA0-7646DAAC94E7

1月はお正月、めでたいということで、獅子舞をしていますね。
最近では獅子舞を見る機会が少なくなって来ています。

獅子舞については意外に知られていないことが多いと思います。

 まず獅子舞には悪魔祓いや疾病を追い払う意味が込められています。
 獅子舞はそもそもインドから中国へ、中国から日本に伝えられたそうです。

獅子舞の獅子はライオンのことです。 インドの遊牧民が力の強いライオンを霊獣・神として崇めるようになったことから、獅子舞が生まれたようです。

日本では獅子舞に2つの系統があるそうです。
西日本を中心に全国に広まった獅子舞が、基本的に2人以上で1匹の獅子舞を演じ「伎楽系」(ぎがくけい)と言われています。
一方、関東、東北地方で主に見られるのが、1人で1匹を演じ「風流系」(ふうりゅうけい)と呼ばれています。1人で舞いお腹に太鼓をくくりつけて打ちながら踊るものもあります。

獅子舞は人の頭を噛み付きますね。それにはこんな意味があるそうです。

 人の頭を噛むことによって、その人についた邪気を食べてくれるのだそうです。
 悪魔祓いや疾病を退治する意味があるため、悪いことから守ってくれ、ご利益があるとされています。
子供の場合は、厄除けの効果が強くなると言われており、学力向上や無病息災、健やかな成長にご利益があると言われています。

また、語呂合わせで 「獅子が噛みつくと神が付く」と言う縁起担ぎの意味もあるそうです。

日本では室町時代から獅子舞が行われるようになったとされています。

そんなご利益がある獅子舞、 初詣などで獅子舞を見つけたら積極的に家族で頭を噛まれに行くといいですね。
※ 日本文化研究ブログより引用しました

昨日は社内で映像制作のお手伝いをしました。
3B5ABD13-EF44-4B9E-8A19-C8F8EF29A6BD

若手の社員を中心に映像コンテンツのコンテストに応募するための映像を作ります。

僕は、社長の役で出演します。他には部長役、社員役、女子社員役の計4名で構成されています。

さて撮影の開始です、まずはピンマイクの装着から始まります。 声がちゃんと拾えるかチェックします。
カメラ位置やアングルの入念なチェックと打ち合わせ、照明の当て方もとても大事です。 

そして準備が整ったところから、監督の合図で演技が始まります。
なかなか体験することではないので、皆緊張感が高まります。セリフもついつい早口になってしまい、「カット」 が出て、やり直します。役者役の方も噛んでしまったり、隣の部屋からドアを閉める音が入ったりと何度もNGを出しながら、撮影は進みます。
079E4F7E-7F04-41D7-9A7D-8A05E59A81F3

やっている間に、だんだんと慣れてきます。その役の人に少しずつ近づいていくのが 、自分でもわかります。

スタッフも監督以外にカメラマン、照明係り、音声係り、シーンのチェック進行係りなど、結構人出がかかります。
また、監督はこのストーリーの構想から、シナリオ、台本、絵コンテなどなど 基本的な事を作り上げることから始まります。そのシナリオにより、小道具が用意されます。なので、ここまで来るまでにすでにいろんな準備を経てようやくたどり着いています。

撮影も2日間かけて行いました。もっとも僕は1日だけですが。
体験すると撮影現場の大変さがよくわかります。たった数秒のシーンを撮影するのに、20分30分と時間を要します。どこで満足するかですが、どれだけあっても時間が足りません。

そして最後のシーンを撮り終えて終了しました。みんなで拍手です。
44895E76-BCD2-4956-932C-18E3E8C318FB

なかなか面白かったです。撮影を通じて感じたことは、皆が同じ目的に向かっている時はすごくいい目をしているな、ということ。普段の仕事とは違う事をやっているので、皆手探り状態でやっているところも新鮮で、少しかもしれませんが成長できたと思います。 
何事もモチベーションが人を動かす原動力なんだと改めて思いました。

僕はお膳立てしてもらって、役を演じただけなので楽して、楽しい思いができ、また普段見れない社員の姿を垣間見ることができて、有意義な時間でした。
まさに「充実して生きる 」テーマどおりの1日でした。
 3DF5895C-329E-4515-885A-B172DFD9925F

このページのトップヘ