舘祐司の気ままなブログ

名古屋も22日に桜の開花宣言が出され、いよいよお花見の季節がやってきました。
ところが、その前にコロナウィルスが満開中で、お花見会は全国的に自粛ムードとなっています。

かくゆう、弊社も毎年花見会を開催してきましたが、今回ばかりは中止ということにしました。コロナが収束して世の中が落ち着いたら、花見会の代わりの宴会を開催すればいいと思っています。

とにかく、残念ですが今はそんなムードではありません。

桜の方も、多くの人に楽しんでもらえなくて残念がっているかもしれませんね。

残念と言えば、オリンピックの開催問題がここの所大きな話題になっています。
選手側からIOCに延期を希望するコメントが寄せられていたにもかかわらず、IOCは通常開催にこだわっていましたが、ついに延期の検討に入る姿勢を見せました。これを受けて安倍首相も23日の参院予算委員会において延期を容認する意向を示しました。ほんの2週間前までは、まだ通常開催の可能性もあったように思いましたが、ここへきて大きく舵が切られた気がします。

ただし、延期となれば多くの問題が発生することになります。
まず開催の時期がいつになるのかということが大問題です。選手はそれに合わせて調整しているはずですし、例えば屋外競技などは夏と冬ではコンディションが大きく変わってきます。また、今はトレーニングもままならず、収束してからと言ってすぐに開催では調整が間に合わない選手もいることでしょう。また、2年とか大きく時期がずれることになると選手選考もやり直しになり、メンバーが変わる可能性が大いに出てきます。
場外の問題としては、選手村に活用した宿泊施設の後処理の問題があると言います。選手村の施設は分譲住宅としてリユースされる予定で、もうすでに入居する日程も決まっているそうです。延期となるとその日程が当然遅れることになり、予定されている方々は困惑を隠しきれない様子です。
それらの処理にも多額の金銭がかかることになり、それをどこが負担するのか、難しい問題が発生します。
いずれにせよ、問題山積、大変な大会になり、歴史に残る大会になることは間違いなさそうです。

今回も引き続き「サタデー・ナイト・フィーバー」より「運命’76」をご紹介します。
R-3428515-1330024176.jpeg

「ジャジャジャジャーン♬」で始まるあの曲ですね。
ベートーベンの交響曲第五番をディスコ風にアレンジしたのです。
日本では「運命」という曲名で、だれもが知っているクラシックの名曲がなんとディスコソングに変わったのです。当時としてはとてもセンセーショナルなことだったと思います。
演奏はウォルター・マーフィーとビッグ・アップル・バンド。
ウォルター・マーフィーはニューヨーク出身の作曲家でアレンジャー活動もしていたようですが、それまでそれほど名の知れた音楽家ではなかったようです。この曲をあちこちのレコード会社に持ち込みますが、斬新すぎたためか当初なかなか受け入れてもらえず、結局1社だけが関心を示したということです。
t02200220_0640064011141409507

ちなみに「ビッグ・アップル」というのはニューヨーク市の愛称なんですって。ウォルターがニューヨーク出身だから付けたのかもしれませんね。また、「ビッグ・アップル・バンド」はあのナイル・ロジャース率いる「シック」の前身のバンド名と同じなのですが、それとは違うバンドでたまたま同じ名前になったようです。そのためこちらは「ウォルター・マーフィー・バンド」と区別されていたりします。

そのほかにやはりクラシックをアレンジした「ソウル・バンブル・ビー」や「E・Tのテーマ」などがチャートインした曲となりました。
16886

07211924_53ccea4d92f2c


ウォルター・マーフィー・バンドで「運命’76」をお聴きください。

今回は驚きの野菜アートをご紹介します。
まずは1枚の写真を見ていただきたいと思います。
35150385_002

わかりますか、野菜に切り込みを入れて作り上げるアート(芸術)なんですよ。
これを作ったのは岸本岳大さんという日本料理の料理人さんです。
unnamed

作者はこのような作品をいくつも手掛け、動画を投稿されているそうです。
いくつかの作品をご覧ください。
35150385_003
35150385_004
35150385_006
35150385_007
35150385_008

日本料理では刃物を使って、野菜に精巧な模様を彫りこんでいく「むきもの」と呼ばれる装飾技術なんだそうです。
20190826-00000300-oric-000-10-view
1565941163604

このようなアートを作るきっかけは、ネットでタイカービングを知ったことだそうです。このようは彫り物のことをカービングと呼ばれ、タイカービングはタイの伝統文化なんだそうです。
1565941144616

見てください、まさに芸術ですね。フルーツの特性を生かした芸術作品です。
picture_pc_5cf2e75f714ff7f535404eb2a50b7ba4

こういうデザインが美しいもの好きなんですよ。世界に一つしかないというところもいいですね。それに野菜やフルーツは長持ちしませんから、そのはかない寿命も魅力の一つになります。

このページのトップヘ