舘祐司の気ままなブログ

1月8日は成人の日でした。
全国で約123万人の方々が成人の日を迎えられたそうです。
お天気はあいにくの雨模様でちょっと残念でしたがもっと残念なことが起こりました。
com

成人式は人生で1度しかない貴重な儀式です。
過去には「荒れる成人式」というのが横行した時代もありましたが、最近では沈静化しているようです。

しかし、今回は別な意味で「荒れて」しまいました。

連日報道されていますように着物の販売・レンタルを手掛ける「はれのひ」が突如店を閉じ予約していた新成人客が晴れ着を着ることができない事態が発生したのです。
こんなことは前代未聞の事です。絶対にあってはならない事件です。

着付けができるところを急きょ探して間に合わせた人がいれば、間に合わず出席を断念した方もいるようで、横浜や東京八王子、福岡などで被害者は約600名ほどに上るとのことです。

先ほど書きましたように一生で一度のこと、特に女性にとっては振袖を着る数少ないチャンスで母娘で何年も前から予約し、この日が来るのを心待ちにしていたことと思います。

さらに悪いことに、直前になって早く振り込めば割引をすると、お金の回収を促していたということです。成人の日の当日に閉めるというのは計画的であまりにも卑劣な手段です。
こんな暴挙は許されるはずがありません。

しかも、今年だけにはとどまらず、来年、再来年の予約分もあり、すでに振り込みを済ましている人もいるそうで、これからまだ被害が広がる見られています。

そんな、腹立たしい事件の中、ボランティアで着付けをしていただいた方や一部の呉服店では、着物や着付けの応援をしていただいたそうです。

心がすさむような話ばかりでなくて、少しほっとしますね。

着付けをお手伝いされたある着物業界の方がおっしゃっていました。
「こんなことは業界の恥です。そのため何とかしようと一生懸命お手伝いしました」

また、着物の業界紙を発行する会社が中心となって、早くも「被害者の会」が発足された模様です。
34A7B225-0DB3-4650-BD5E-F5A88D06BA7A

いずれ代表者は世間の前に姿を現すことになると思いますが、どんな言葉を発するんでしょうか。
そしてどんな償いをするんでしょうか。多くの若人を傷付けた代償は計り知れません。
こうなる前にもっとすることがあったと思います。

こういう人に「はれのひ」は一生来ないことでしょう。

今からちょうど1週間前、お正月の3日のことです。

朝から左の腕を上にあげると「痛てて」・・・上がらなくなりました。
2FAAB92F-8223-4046-9297-7F528BF0A443

厳密にいうと上がらないのではなく上げると痛みが走り、上げることができないのです。

ご存知「五十肩」という現象です。

その2,3日前から何となく肩が引っかかるような症状があり、肩を回したり少しでも凝らないように気を付けていたのですが。突然やってくるんですね。車を運転するにも支障が出ます。

なぜ「五十肩」になるのでしょうか。
いろいろな原因があるようですが、その一つに普段から猫背の人は重心が前のめりになり、体の歪みが生じやすいため 「五十肩」のリスクが高いとされています。普段から正しい姿勢を意識すると良いです。
他にも生活習慣が不規則で睡眠不足や偏食、血行不良を招くハイストレスな生活習慣もよくないそうです。

お話し戻します、翌日の朝になるとけろっと治っていました。
「あれ?」ちょっと拍子抜けしました。

おそらくですが、その原因はこういうことだと思います。

「五十肩」で苦しんでいるとき、ちょうど東京から帰省で来ていた娘から肩こりにいいストレッチがあると教えてもらい、数分間やってみました。
両手を背中側で組んで後ろに引っ張るような動作です。要は肩甲骨辺りを普段と違う動かし方をしてやるイメージです。

おまけに還暦祝いとか言って、「ストレッチポール」なるものをプレゼントしてもらいました。
娘が自宅で使用していて具合がいいそうです。
円柱形のポールに仰向きに乗り、腕などを回したりするだけの簡単なストレッチです。
ただし毎日やらないといけないそうです。三日坊主にならなければいいですが・・・。
20DD32BC-DD1C-4F43-81DC-286AEE50765A

「五十肩」に戻りますが、突然発症して、また突如回復するというこの不思議な病気一体何なんでしょうか?とりあえず治りましたがまたいつやってくるかもしれません。

簡単なことですから、まずは悪い姿勢にならないように気を付けたいと思います。
1D5C3167-C2FE-4DF5-A095-AC496BC723D7

弊社では年の初めに今年の目標あるいはテーマをそれぞれ決めて発表することが通例になっています。
A6D6CA3F-76BF-4D52-B240-E13C82358C3C

2018年は「明るい未来を築く」にしました。これは「希望」という言葉につながります。

昨年はいろいろあり、社内のムードがやや暗くなりがちでした。

その反省から今年はなるべく明るくしたいと思いました。
そのために明るくなる材料を探していくように努めます。

また「明るい未来」としたのは、何度も書いているように2月の誕生日で満60歳になります。
僕の仕事寿命がだんだんと減っていきます。

しかし、会社は今後も存続してもらわなくてはいけません。
そのためにできるだけいい形でバトンタッチできるようにしていくことを強く考えるようになりました。

駅伝に例えるなら、次のランナーにタスキをつなぐのに、1秒でも早く渡すように努力する、というようなことでしょうか。

また、青山学院の原監督の「大作戦」のように、やっぱり明るいムードが個々のモチベーションを上げることにつながるように思います。

「ワクワク 」「ハッピー」「サンキュー」「ハーモニー」…まさにこれこそがうってつけの「大作戦」です。(笑)…明るく厳しくというところでしょうか。

1年を通せば、泣いたり笑ったりいろんなことがあると思いますが、年の終わりにはいい1年だったと思える年にできれば幸せなことです。

それでは「希望」に向かってテイクオフ。

このページのトップヘ