舘祐司の気ままなブログ


本日3月17日は天気も良く、暖かくてとても春らしい日になりました。

さて、本日は文十鳳凰殿 『吉良斎場』 がオープンという事で、行ってまいりました。
17日から21日まで5日間オープン見学会を 開催 されるとのことです。

場所は西尾市吉良町の吉田小学校のすぐ北にあります。
カーマホームセンターのすぐ近くでとてもわかりやすい場所にあります。


早くも大勢のお客様で賑わっていました。


見学会という事で立派な祭壇が飾られています。

祭壇中央に飾られている立派な遺影写真はとても目を引いていました。
遺影写真からほかの写真に切り替えることもできる、独自のシステムを導入されています。
もしも遺影写真に迷ってもここなら問題ないですね。


この会館の館長を務められる松田館長さん(左)伊澤次長さん(中)と玄関前で記念撮影です。

お話を聞きますと、旧幡豆郡の三町である、幡豆町と一色町にはすでに葬祭ホールが建設されていたのですが、ようやく吉良町も今回のオープンとなりました。
「地元の会員の方々にはこれまで足を延ばしていただき、ご不便をかけていましたが、これからはこの会館でご利用しやすくなったと思います」とのことでした。


親族の方がお客様をお迎えしたり、くつろがれたりする空間です。
私の経験から、2日間この場所をご利用されることになりますので、リラックスできるところだとありがたいです。と思ったら、マッサージチェアが…これはありがたいですよね。


ベッドルームはこんな感じです。

通夜葬儀は非日常な時ですので、普段に比べ疲れが出ます、ぐっすりと睡眠がとれそうです。


そしてもうひとつ大ニュースがあります、21日はあの"大村崑さんの特別公演"が開催されるそうです。
入場無料なのでどなたでもご覧になれます。
僕も以前大村崑さんの講演を聞いたことがあります。
それはもうお話し上手ですから、笑いもあり、感心させられることもあり、とにかく楽しい時間を過ごすことができることは間違いありません。
いかない手はないと思いますよ。

松田館長さんすぐに忙しくお客様の対応に追われていました。
BlogPaint


「吉良斎場」は家族葬も含め、どんなお葬儀にも対応されるとのことでした。

こんな最新の葬儀ホールができて吉良町の方がうらやましい限りです。

吉良の町人々集う文十に葬送の時春と語らう




大阪のとある駅で15分ほど時間があり、たまたま書店を見つけたので入ってみました。

以前にブログでも書きましたように少しでも時間があるとついつい書店に入ってしまいます。

入ってみると…とっても素敵な本屋さんでした。!(^ ^)!

何が素敵かって?

照明による演出ですね。
写真では分かりにくいかもしれませんが、天井を見て下さい、暗いでしょ。
実際はもっと暗く感じます。

ほとんどの書店さんは蛍光灯の白い光が煌々と灯され非常に明るいイメージだと思います。

しかしこの書店さんは全く違いました。………照明の力って大きいですよ。
これだけの違いで、ここは単なる本屋さんじゃないな、って多分誰もが感じると思います。

実は入る前にチラッと覗いた時「ここは喫茶店?いや書店か?」と疑いたくなるような雰囲気を醸し出していまして、ちょっと躊躇したほどでした。
この写真の奥の方、暗いの分かりますでしょうか?あの奥の入り口から入ったので入った瞬間、「なんて暗いお店⁉︎」って思いました。

写真撮れませんでしたが、オモチャや小物(女子御用達な感じの)が本と一緒にディスプレイされていたりおしゃれな本屋さんです。
どちらかというと男性よりも女性がターゲットになっているような感じでした。
女性が関心を持ちそうな本のコーナーもありました。
僕は書店が好きなので、こんな素敵な本屋さんが増えるといいな、と思った次第でございます。


 

少し時間がたってしまいましたが、なでしこがリオの切符を取り逃がしてしまいました。

多くのサポーターが必ずや連れていってくれると信じていただけに残念でなりません。


最終予選を少し振り返りたいと思います。

初戦はオーストラリア戦から始まりました。お互いにとって大事な試合です。

緊張感からかなでしこのあまり動きが良くありません。ちょっと考えられないくらいミスが目立ちます。
先制点を許してしまい前半を1-2で折り返します。
index

しかし後半になってもなかなか主導権を奪うことができず、逆に1-3と引き離され敗戦からの出発となりました。
内容も完敗だったと思います。
このあと切り替えることができるのかどうか、次戦が注目されます。

2戦目は韓国です。格下相手ということで、ここは勝ち点3を計算していたと思います。
しかし試合終了間際に同点にされてしまい、結果はドローと勝ちきることができません。
攻めながらも得点に結びつかない、何か噛み合わない感じが続きます。

そして3戦目は中国です。この予選の山場と言える試合です。
 この試合も先制点を奪われ、劣勢に回らざるを得なくなります。
20160304-00000065-tospoweb-000-2-view

結局1-2で勝ち点を取れず、3試合終わってわずか勝ち点1ということになってしまいました。
この時点でトップのオーストラリアは3連勝で勝ち点9、続いて中国が勝ち点7で続きます。
もう完全に後がなくなりました。
おかしいぞおかしいぞと言ってる間に3試合が終わってしまった感じです。

4戦目のベトナム戦が始まる前に中国が韓国に勝ち、オーストラリアと中国のオリンピック代表が決定してしまいました。これでなでしこはリオのオリンピックの場に立つことができなくなりました。

代表に選ばれた2チームにはアジア代表としてリオで大いに暴れてきてもらいたいです。

これで吹っ切れたのかベトナム戦ではゴールラッシュで6-1とようやく快勝。
最終北朝鮮戦も1-0と最後を締めてアジア予選が終わりました。最終順位は3位でしたが、全く納得のいく結果ではないと思います。
PK2016030802100026_size0

北朝鮮の選手の平均年齢は21才くらいとか、それに比べ日本は確か27か28才くらいだったと思います。

他の国はどんどん若手が育ってきています。
日本はあのドイツW杯からそれほど変わっていないように思います。

アジアの他の国は相当日本を研究してきていると感じました。
なでしこの特徴であるパスサッカーを簡単にさせないように対策を練ってきていたようです。

この試合終了後に佐々木監督が辞任を表明しました、次の監督さんがどんなチームにしていくのか、また新しいなでしこに期待したいと思います。
maxresdefault

ヤングなでしこの皆さん、ガンガン来てくださいね。



 
 

このページのトップヘ