舘祐司の気ままなブログ

大谷翔平選手がアメリカンリーグの新人王に選出されたというニュースが入った。
index

非常に素晴らしいことで、日本のファンにとっては喜ばしいニュースである。聞けば、2位の選手に大差をつけての圧勝だったらしい。最も凄いのはフルシーズン試合に出ていたわけではないのに、選ばれたことだ。それだけ投手と野手の「二刀流」という稀有なサムライがアメリカの記者たちの度肝を抜いたのだろう。
GettyImages-965807832-770x515

投手では10試合に登板し4勝2敗、野手としては114試合に出場し本塁打22本、打点61、打率は285という成績だった。本塁打に関しては5試合に1本というペースだ。フルに出場したら30本を越えていたかもしれない。今年のア・リーグの本塁打王は48本と遠く及ばないが、今年初めてメジャーの投手と対戦してこの成績ということは今後大いに期待ができるように思ってしまう。ましてや来年は野手一本でいくとなれば、バットマンレースに加わることになるかもしれないのだ。
img_59917b1be762167c5061e19970692c4b245690

イチロー選手は数々の記録を作ってきた、もう彼を越える選手は今後現れないだろうと言われてきたのだが、もしかすると大谷選手がその候補者になりうる可能性が出てきた。タイプが違うため単純に比較をすることはできないが、いろんな場面で比較対象になってくるように思う。
現在24歳という年齢から考えると今後最低10年はプレイできるだろう。
そんなことを想像するとワクワクせずにはいられない。

今、アメリカの子供らは大谷選手をまねて「二刀流」に挑戦する子が増えているらしい。すでに子供らのヒーローとなっている。いつの時代も一流のスポーツ選手は、子供らの憧れの的だ。

来年からのさらなる活躍を期待したい。
mig


時代とともにいろんなことが移り変わっていきますね。
育児についてもたくさんそういったことがあるようです。
state-of-child-rearing-of-the-past-and-now

初めての子育ては、年長者の方のアドバイスを聴きながら行うというのが昔の常でした。
しかし、今はネット社会であふれるほどの情報が簡単に入手できます。

タイトルに書いたように「昔の常識は今の非常識」ということを、知っておいたほうがいいと思います。
ちょっと調べてみました。(育児ログより引用)
normal

昔は赤ちゃんが泣いた時など抱っこばかりしていると「抱き癖」によって泣き止まなくなるとか、甘えん坊に育つと言われていました。しかし、現在では赤ちゃんが泣いたらどんどん抱っこして抱き癖を付けた方がいいとされているようです。抱っこすることで赤ちゃんのストレスが軽減され、感情表現が豊かになり親子の愛着関係が深められるというメリットがあるそうです。甘えん坊になることとは関係がないそうです。

昔は母乳よりも粉ミルクが推奨されていたそうです。今では母乳の方が栄養バランスが高いだけでなく、免疫成分が含まれているため母乳育児が推奨されているそうです。

昔は生後3~4か月後あたりから果汁を与えるとよいとされていました。今の育児では生後6か月未満の乳児に果汁を与えるべきではないとされ、離乳食前の果汁摂取は必要ないということです。

昔は産後6ヶ月以降の母乳は栄養が下がるため生後5カ月から離乳食を与えるといいとされてきました。
しかし今の育児では、6か月以降も栄養価が下がらないことがわかっているため生後5~6カ月を過ぎてから離乳食を開始するよう指導されているそうです。

昔の育児では、離乳食は親の口で咀嚼(そしゃく)して、十分にかみ砕いてから赤ちゃんに与えるということを推奨されていました。そのためスプーンも共用のものを使用していました。
今の育児では、離乳食をすり鉢などで十分にすりつぶして与えるのが当たり前だそうで、親が咀嚼して与えると虫歯菌の感染原因になるそうです。

そのほかにも1歳までに断乳するとされていたのが、自然に母乳を飲まなくなるまで授乳を続けることが推奨されていたり、あせも対策でベビーパウダーを使わずベビーローションやベビーオイルを使うのが常識と変わってきているようです。
また、昔は沐浴の時片手で両耳をふさいで入れたりしました。僕もそれをした覚えがありますが、今では耳をふさぐ必要はないとされています。無理にふさぐと赤ちゃんの内耳や鼓膜を傷つける原因になったりするそうです。万が一多少のお湯が耳に入っても中耳炎になることはないと言います。

そのほかにもまだいろいろとありますが、このように育児方法が変化しています。
昔取った杵柄で、「昔はああだった、こうだった」はもう通用しません。
20160512-saimata1-500x357


もしママが姑さんから昔の方法を勧められたときは、いったん軽く聞き流し、後でパパに一肌脱いでもらい、「あれ俺がそうさせてるんだけど」とでも言ってもらいましょう。とアドバイスされていました。

あまりムキになって関係がこじれても困りますからね。
ママもその周囲の人たちも赤ちゃんの健康や命に係わる最新情報をしっかり押さえつつ、固定観念を捨てストレスの少ない育児を心掛けるようにすることが良いようです。


よく「◯◯の日」というような、記念日のことが話題に上がります。
11月11日はその記念日の数が最も多い日だということです。
C88DBDD7-2B82-48E1-A98E-48E1AF55EB6D



2018年現在で実に46個もあるそうです。
有名なところで言うと、「ポッキーの日」 「ちんあなごの日」「サッカーの日」などでしょうか。
883BC7D1-767B-4AED-8EF3-25EB63B8C0FD

「美しいまつげの日」 などというのもあります。豊かなまつげのイメージを1111に重ねているんだそうです。こじつけ方も色々あって面白いですね。

「いい出会いの日」というのは、11月22日のいい夫婦の日に繋がって、独身の二人が出会える事を願って、という事だそうです。「いい夫婦の日」ありきの記念日です。

他に気になったのは、「鮭の日」です。鮭の造り「圭」を分解すると「十一十一」となるからなんですって。色々と考えますね。
C6A19130-E8DB-49AA-9C29-A88C171AC746

同様に「サムライの日」は「士(さむらい)」の漢字を分解すると「十一」という理由です。

十と一をプラスとマイナスに置き換えたのが「プラズマクラスターの日」と「磁気の日」です。プラズマクラスターはプラス十とマイナス一のイオンからできており、磁気はまさにプラスマイナスですね。

「くつ下の日」というのもありました。(なぜ)…と思いませんか?
A1B18055-62E3-4CFE-935C-80BE8F6F6AAA

1993年に日本靴下協会が定めたそうですが、理由は靴下を二足並べたときの形が11 11に見えるということでした。そうですかね、とちょっとツッコミを入れたくなるような気もしますが。

日本人は色々なことに結びつけるのが得意のようです。

この調子で行くと、まだまだ増えるかもしれませんね。
 118A9F45-AF08-42D6-B147-109651D86D08

このページのトップヘ