舘祐司の気ままなブログ

昨夜横浜にてラグビーワールドカップ、日本対スコットランドの試合が行われた。
この試合には、両チームともベスト8がかかっており、日本のみならずスコットランドでも大きな注目を集めていた。
7B30A9D5-132D-4BA0-8621-7A149DA5EAAA

世界ランキングでは日本が8位、スコットランドが9位と日本が上位ではあるが、過去の対戦成績では日本の1勝9敗と圧倒的に分が悪い。前回の大会で唯一敗れた相手ということもあり因縁の対決で、この大舞台でリベンジを果たしたいと、組み合わせが決まった時からこのスコットランド戦に照準を合わせてきたという。
2B14803C-48EE-4BE7-8435-B53373E58B8A

試合開始前、選手を含め会場全員で、台風19号の被災者に向け黙祷が行われた。 実は大型台風の影響を受けこの試合の開催が危ぶまれていたのだが、大会スタッフや関係者の努力によってなんとか開催にこぎつけたのだ。試合が行われないままベスト8が決着してもお互いモヤモヤが残るだろうから、この素晴らしい裏方さんたちにまずは敬意を表したい。

試合開始のホイッスルが鳴ってまもなく、前半6分スコットランドのうまい試合運びにあっという間に最初のトライを許してしまう。日本チームも緊張感からかまだ動きが少し固い状況だ。
07DBA8D7-625D-4534-B91D-71368B0FC88B

しかし、徐々にエンジンがかかり、ここからはトライのラッシュとなる。スコットランドチームもこの日本の怒涛の攻撃には度肝を抜かれたに違いない。日本の鮮やかなパスワークになすすべがない感じだった。
F0F9F8D0-50E9-4E8D-8F7A-EC4C49781D86

3DEB29D2-2A23-4B65-A876-A22447E52189

36136FB6-3537-4AA7-A18B-E5FF04664FDE

今大会日本の観衆を沸かせているのは、オフロードパスの成功場面が多い。オフロードパスとは相手にタックルされ倒れながらも片手でパスを行うものだ。従来、日本チームはパスは両手で行うとされてきたのだが、今大会に向けてこのパスの練習を積んできたという。それが、本番で見事に花を咲かせている。
9768857B-9684-49DC-A380-BA124B8901CE

前半は21ー7と日本リードで折り返す。日本はスコットランドに敗れても点差次第では8強に駒を進めることできる。大きな貯金をし、後半に入ると日本は福岡選手のインターセプトからトライ、28ー7と大きくリードする。これで安全圏かと思われた直後、スコットランドもメンバーを入れ替え反撃に出る。
するとあっという間に28ー21まで追いつかれる。当然のことだがラグビーの歴史を誇るスコットランドとしては、簡単に日本に負けるわけにはいかないのだ。本国のファンたちは8強に入ることを当然のように待ち望んでいるからだ。 
403CAF22-C43C-4322-9FEB-2204287F5353

スコットランドの猛攻をなんとかしのぎ、トライを許すことなく守りきる。日本の勝利だ。 
もう1歩のところまで攻め込まれ、最後は本当に汗が出てきた。ノーサイドのホイッスルが吹かれた瞬間、思わず拍手してしまった。おそらく日本中の人たちが同じ気持ちになったに違いない。
ラグビーってなんて素晴らしいのか、改めてそう思った。パスが繋がり、トライする瞬間は歓喜に震え、スクラムでの押し合いは思わず体に力が入る。 タックルの凄まじさに目を見張り、キックの正確さに拍手する。「ワンチーム」チームが一丸になってプレイしているところが美しく日本人の大好物だ。
DFFEE6B6-42C2-46E1-B9B0-FF256EC0FCF5

4D1F882F-F5D6-4891-BBCD-BBD6D5D7DCFA

C97EF7B3-444F-441C-B3D0-D8C987D2851F

ジェイミージャパンは2019年地元開催のワールドカップで初の8強進出を決め歴史は作られた。
しかし、これがゴールではない。ここからが本当の戦いなのだ。

まずは、ベスト8に食い込むことができた。これから世界のトップチームに日本のラグビーがどこまで通用するのか、本当に楽しみである。
 895E3D56-CE79-4B7C-A048-0A5A326FBB77

10月12日は台風19号が日本に接近、上陸し各地に洪水や突風など被害をもたらしました。被害に遭われた方にはお悔やみを申し上げます。

この日の午前中に小牧にあります、エアポートウォークに行ってきました。なぜかと言いますと先日ジーンズを購入しまして、その裾直しが出来上がるから受け取りに行ったのです。午前中なら雨は降っていたもののまだ台風らしい影響は少ないので 、早いうちに済まそうというところです。
6DEF97F5-B09C-4741-90A3-9EC84DCCC3FE

到着するとまず、駐車場の車が極端に少ないです。やはり台風の影響なんでしょう。
そして、中に入るとあらら、シャッターが降りています。
84A922CA-211E-41A6-B74D-11CE865C7D84
張り紙を見ると。
F1C1DE27-892E-473B-8F1C-5F4FDBFA740B
専門店街は臨時休業となっていました。
残念ですが仕方ありません。せっかくなので、1階の食品売り場に行きました。するとやはりここでも一部は閉鎖されています。こういう光景はなかなか珍しいので思わず写真を撮りました。
58D7E19E-DAD8-4569-8968-1A051D40A232

お客さんも少なめですが、惣菜売り場はなんだか人だかりで賑わっていました。結構買い物かごに品物をたくさん入れている方が目立ちました。
ACA7041E-DA44-47AE-931B-83990DB187FA

陳列棚を見るとその理由がわかりました。
3767B474-925A-42AA-A92F-D8E7B56BD68A
CC8BB88B-1FF7-4952-B03C-7142AD243BE8
C802C0E1-323E-46B9-B086-D33A199D4B0C
008539A5-A738-4712-AEED-488C084DD056

そうです、13時までの営業のため売りきらなくてはいけないということで、多くの食材が軒並み値下げして 販売されていたのです。

少し夕方のデパ地下のような活気に似ています。釣られて夕食用に惣菜を購入しました。これは購買意欲をそそられます。

滅多に見ることのできない光景がとても珍しく、貴重な体験ができました。
C19AFFE2-C962-4228-9567-3C66A94AC17B
B5FA46F5-09E9-4A5C-8231-D1639460BAAB
6F399972-A300-4965-BC8E-41AB9804DD38

こんな時に呑気なブログで申し訳ありません。 

 

名古屋市北区が主宰するイベントが気になったので紹介します。

それは黒川近くに点在する恋愛スポットを活用し区の魅力を発信するというものです。
その名も「ランニングコン 黒川恋の道」ですって。黒川沿いを走りながら異性との会話を楽しむれっきとした婚活イベントで、12月15日に開催される予定なんだそうです。
PK2019100802100298_size0

区によると、黒川に架かる「夫婦(めおと)橋」は、黒川沿いにかつて流れていた用水路に架かる橋と並ぶ様子が連れ添うようだったことから、そう命名されたそうです。へー、知りませんでした、ネーミングにもいろいろと由来があるんですね。
PK2019100802100295_size0

黒川の右岸近くの「多奈波太(たなばた)神社」には、織り姫とひこ星にまつわる伝説が残るそうで、境内に生える「乳イチョウ」は、母乳に恵まれる効果があるとされているそうです。
この神社の「多奈波太(たなばた)」という名前には以前から興味がありましたがやはり織姫伝説が関係していたのですね。
PK2019100802100296_size0

区の担当者によると「男女15人ずつが2列になり会話をしながら黒川沿いなどの約三キロをゆっくり走り、恋愛スポットを訪れる。走った後は軽食を楽しんだり、木工細工を体験したりして、異性との交流を深めてもらう。」という事のようです。いいですね。

対象は二十五歳以上四十五歳未満の独身の男女で、参加費は二千円。異性と話しながら約三キロを走りきれる体力があることも条件となります。男女各十五人の定員になり次第、募集を締め切るそうです。

また区の担当者は「今回の企画が若い世代に区の魅力を知ってもらうきっかけになれば。もしカップルや夫婦になったら、再び北区を訪れてほしい」と話しているとのことでした。
PK2019100802100297_size0

北区も行政らしからぬ粋なイベントを企画するようになったんだなと感心しました。
昨今男女の出会いが少なくなっているのでしょうか、独身者が増えています。特に女性に比べ男性の未婚率は20%を超えているそうで、将来的な人口減少にもつながり社会問題となっています。

このイベントがきっかけで、少しでもカップルが誕生すればいいことです。そうなればまさに「多奈波太(たなばた)神社」の御利益かもしれませんね。
それを仕掛けた北区の役所の方々のファインプレーです。「アッパレ!」

※中日新聞webの記事から抜粋しました。

このページのトップヘ