舘祐司の気ままなブログ

さてちょっとセクシーな男性ボーカリストシリーズ第2回目はエルヴィス・プレスリーです。前回ブログでトム・ジョーンズとの2ショット写真で少しだけ登場しました。
プレスリーは20世紀を代表するセクシーな男性歌手の一人です。

CA5E824C-DB23-45C9-8E65-82C0E23632CA

1971年にリリースされた「この胸のときめきを」です。沢山のヒット曲があるプレスリーですが、僕の知ってるエルヴィス・プレスリーはやはりこの曲になります。映画「エルヴィス・オン・ステージ」のヒットとともに思い出がありますね。

エルヴィス・プレスリーといえば、音楽に興味のない方でも名前くらいは知っているというくらい超有名な人物だと思いますが、簡単に紹介をすると、1935年にアメリカのミシシッピー州で生まれ、非常に貧しい幼少時代を過ごしたそうです。その後13歳の時にテネシー州メンフィスに引っ越すのですが、メンフィスは黒人の労働階級の多い街だそうです。そこで黒人音楽を聴いて育ち、後の音楽性に大きな影響を与えたと言われています。
18歳の時にデモテープを作成しレコード会社に売り込むとすぐに彼の才能に気がつき、会社側もプロモートを開始しました。
そして1954年ラジオで紹介されると瞬く間に火がつき人気が上がっていくのです。 顔が見えないラジオから流れる音楽を聴いた人々は当初プレスリーが黒人だと思われていたそうです。
初期の頃のプレスリーのスタイルは黒人音楽のリズムアンドブルースと白人音楽のカントリーアンドウェスタンを融合した音楽と言われ、深刻な人種問題を抱えていた当時のアメリカでは画期的なことだったようです。
D074137F-5023-43D3-B2B4-73C3913ED2A6

僕も生まれる前のことですので当時のことはよくわかりませんが、強烈な人気だったと思います。とにかくヒット曲が多いです。「ハートブレイク・ホテル」「ハウンドドッグ」 「監獄ロック」「ブルー・スエード・シューズ」「ラブ・ミー・テンダー」「好きにならずにいられない」などなど数え上げたらきりがありません。この中でも「好きにならずにいられない」は特にお気に入りです。1961年にヒットした曲ですが1970年にアンディ・ウィリアムスがカバーして再ヒットし、1976年にはスタイリスティックスが再カバーしまたヒットしています。いい曲は何度でもヒットして受け継がれていきますね。
1BDA5DD3-FFCD-4346-96E5-A9D648C31D9D

プレスリーが若い頃、テレビに主演した時のエピソードで、下半身はカメラで映さないようにしたのです。それは彼の腰つきがちょっと卑猥だったためだそうです。しかし彼の人気で若い女性らもロックに興味を持ち出したんですね。チャック・ベリーやリトル・リチャード、ビル・ヘイリーらなどとロックンロールという新しい音楽を世に送り出し彼は「キング・オブ・ロックンロール 」と呼ばれるようになりました。
後のロックンローラーたちが誕生する布石を作ったのですね。 
F896C96A-3B23-4936-8BD4-4E8D76F9397B

ロックだけではなく、プレスリーは多くの映画にも出演しています。その辺が並みのミュージシャンとは違うところです。50年代に大活躍したプレスリーでしたが、 60年代に入り映画など多数出演しますが、徐々に人気は低迷していきました。
9FD5652A-416F-4F06-8FAE-5F5E38A1F294

そんな中1970年に配給された「エルヴィス・オン・ステージ」は久し振りに成功し、復活を遂げたのです。
しかしその7年後の1977年に42歳の若さで天国に召されています。死因はストレスによる過食症と言われていますが、処方ドラッグを使っていたという説もあり、実際のところはよくわかっていないようです。酒もタバコもやらなかったプレスリーですが、ドラッグを使っては寿命を縮めてしまいます。

それでは、エルヴィス・プレスリーで「この胸のときめきを」 をお聴き下さい。
 

もう1曲「好きにならずにいられない」(1961年)
 

名古屋の街にこんな立派な大仏像があるとは知りませんでした。
05324196-8E4A-40B0-8642-80B86683408F

しかも全身は真緑色で唇やホクロが金色とかなり派手な大仏さんです。
ここは、本山交差点から八事方面に向かって徒歩で5分ほどの場所にあります桃巌寺という曹洞宗のお寺です。
この地に建立されたのは天文年間(1712年頃)と言いますからかなり歴史ある寺院です。
この大仏の高さは台座5m、本尊10m合わせると15mという結構な大きさです。台座は一般的なハスの花ではなく数頭の象が支えているという変わったスタイルです。名古屋の街の中にひっそりと鎮座していますが、この場所にこのような大仏さんがいらっしゃるとは全く知りませんでした。

大仏の手なのでしょうか、手首から切り落とされたように飾られています。
FD3AD125-EAA1-4C7E-A006-B7EACA019DC5

門構えは日本のお寺というより、沖縄にあるような雰囲気です。
C6315D74-E16C-4E41-9667-F5F07B074F5D

この寺の沿革が書いてありますが、難しすぎてよくわかりませんが、織田信秀の死を弔うために信行が建立しその後この地に移転したらしいです。
3F5F4589-F4D3-48CF-B797-254FCAC9063C

境内を見回してもどこか日本のお寺の雰囲気とは違っています。
 F8B2BAEA-4E4D-4131-BFCA-D64EE8FC919A

B74281F7-B8CB-45DA-8439-2D9DC1E6E786

2C9A6D24-7D76-4ADA-A5A5-AF435894034C


今回は見ていませんが、ねむり弁天がいらっしゃるそうです。ただしこれを拝観するためには料金1000円が必要となります。 

0F029C2E-7444-4330-959C-E8CFD8D242CE
また、16歳未満の団体の方々の立ち入りはご遠慮くださいとなっているそうです。 
「大仏さまは見物の対象ではなく仏教信者が禮拝参詣(らいはいさんけい)するもの」 とされ、本来は限られた人のみが許されているようです。
そして「仏様と無言の対話をしてほしい」 とあります。

他にも日本一の巨大木魚があるらしく、以外に見所がたくさんあるようで驚きました。
B14A4110-5120-4E04-83F0-2CC8849DB147

 鬱蒼と樹木が茂り、趣のある雰囲気があるお寺でした。
アクセスもとてもいい立地にありますから気軽に訪れることができますね。

2月27日は誕生日ということで、今年で63回目を迎えました。

おかげさまでコロナにも感染せず健康に過ごせています。

2月27日生まれの有名人を調べてみると、俳優の佐藤隆太さんや歌手の新沼謙治さん、徳永英明さんあたりが出てきます。
驚いたことに1日前の2月26日生まれには、サザンの桑田佳祐さん、キングカズこと三浦知良さんという超大物が名前を連ねられていました。その事実を知るとたとえ1日違いでも何か親近感が湧いてくるから不思議なものです。
9DDF9D7B-40AA-44E4-80AA-7174540A8437
13E504D0-A9EC-4F49-9721-13438C50BDB4

今はまだコロナ禍の最中ということもあり、外出は控えめに心がけています。まずは健康が一番ですからね。
早く以前のような状態になることが望まれますね。 

東京オリンピックの開会式まであと5ヶ月を切りました。果たして開催することはできるのでしょうか?個人的には五分五分かなと思います。確認された感染者数はこの1週間ほどでかなり減少してきました。しかし、緊急事態宣言が解除されたりするとまた気が緩んで第4波と言われる波が来る可能性も大いに考えられます。約50年ぶりの地元開催ですから、開催されることを期待していますが、一方で世界から多くの人が日本に入ってきて大丈夫なのだろうかという心配もあります。今のところ解決策として最も期待されているワクチン接種がこの5ヶ月でどの程度進むかということも鍵になるのでしょう。

いずれにせよ、早期に解決しないと経済がとんでもないことになっていますから、一人一人ができることを着実に行っていくことが必要でしょう。

 

このページのトップヘ